ぶっき Library...

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



花物語 (西尾維新)

『物語』シリーズの第6弾。

神原の一人語り。

花物語より前の作品では、描かれている出来事の時期が近接していた。
花物語では、神原が進級し、他の主要キャラが卒業しているものだから、読み始めてビックリ。もしや読む順番を間違えたか!?とも思ったが、そんなことはなかった。
他の主要キャラが卒業したかわりに新キャラが登場しているけれど、数は少なくて、存在感も大きくない。

ある意味、神原の脳内が作品の舞台と言えそう。
神原の内面の気づきをじっくりと描き上げていて、『物語』シリーズの一作でなければ、ライトな純文学として通用するかもしれない。
良く言えば中身は濃い。悪く言えば、娯楽小説として渋味が強い。

ページを次から次へと捲りたくようなおもしろさを感じなかったけれど、シリーズとして変化とか掘り下げという点では、ありな作品だと思う。作者のキャパの大きさを感じる。



  1. 2012-11-27 11:42:19
  2.  西尾維新
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

ふたりの距離の概算 (米澤穂信)

古典部シリーズの5冊目。

4冊目の『遠まわりする雛』はまだ採り上げていない。『遠まわりする雛』は短編集ですね。短編集は、個人的に読むのが面倒くさいし、感想の記事をまとめるのはもっと面倒くさい。だからスルーしました。いずれ記事にするかもしれませんが・・・

5冊目は、主人公たちが高校2年になっている。で、古典部に新入生を迎えるのだけどトラブル発生、というようなお話。

主人公が学校行事のマラソン中に真相究明を試みる、という仕掛けはトリッキーでおもしろい。まあ、主人公が解明できることは分かっているのだけど、「どうやって」という興味は湧く。
しかも、ヒロイン千反田がからむ人間関係のもつれということで、彼女のキャラを知るシリーズの読者としては、先行きが気になってしまう。
そこに、1学年進級した古典部の面々の人間模様みたいなものが散りばめられている。
さらに主人公の成長と言うか心境の変化が、シリーズの通奏低音のひとつになっている。

このシリーズ、ライトノベル感覚で読んできたけれど、造り込みはライトノベルを超えているかも。一作一作ていねいに作られている感じが伝わってくる。

ただ、「部分最適、全体不適」のまだるっこしさもシリーズに共通している。
とりあえず、トラブルの軸になる新入生のキャラが、思い込みが強くて面倒くさい。だから、彼女の側の真相が分かっても、どうでもいい感じ。そんな彼女がストーリーのエンジン役になっているので、読んでいて勢いがつかない。
キャラの感じ方は人それぞれだけど、シリーズの過去作でも、(話をおもしろくするための)ご都合主義の産物的な変なキャラが気になった。

もうひとつ。マラソン大会という舞台設定だから、ある程度はやむを得ないのかもしれないけれど、マラソン関連の描写は退屈で読み飛ばしてしまった。
思い出してみると、シリーズ3冊目『クドリャフカの順番』では、舞台設定の文化祭がしっかりストーリーに組み込まれていたから、読み飛ばすことはなかった。
それと比べてしまうと、本作でのマラソン大会という舞台の使い方は、通り一遍ということになるのかも。

古典部シリーズは、良いところも物足りないところも安定していて、トータルとしては楽しめる。主要な登場人物たちの今後もちょっと気になる。



  1. 2012-10-13 14:21:29
  2.  米澤穂信
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

傾物語 (西尾維新)

ここまで読んだ物語シリーズの特徴の一つは、限られた数のキャラクターによって展開されていくこと。
大風呂敷な展開はあっても、物語が壮大に拡大されることはなく、内輪の顔ぶれの中でこじんまりと転がされる。
この作家には次々と登場人物を投入してくる作品があるから、作風というより、物語シリーズのコンセプトなのかもしれない。

『傾物語』は、時間旅行ありバラレルワールドありの大掛かりな仕立てになっているけれど、やっぱり物語の世界はこじんまりとしている。『ドラえもん』の劇場用映画よりずっと殻にこもった展開だ。登場人物たちはそれなりにアクティブに見えるけれど、物語の世界そのものはどこかにひきこもっているみたい。
通常であれば、広がり感の乏しさを欠点と感じるところだけど、そんなことを言っても仕方がない。

そもそもこのシリーズにおいては、現実感を上手に装えることが小説の上手さ、という価値観は通用しない。机上で想像力をこねくり回して生み出された作り話であることを隠そうとしていないというか、むしろそういうところを露出して面白がっている感じ。

しかし、そのようにして書かれた小説の中にも何かしらのリアリティがある。
何事かを面白がるということは、そこに何らかの価値基準が存在するということだろう。
また、正統を逸脱した物語だとしても、およそ創作物であればそこに意図や価値観があるはずだし、現にこの作家はある種の価値感を青臭く主張してくる(個人的に、主張の内容には興味を覚えないのだけど)。
そういうところがリアリティと感じられるのだと思う。

こういう小説の作り方は、この作家の専売特許ではないけれど、とても上手いと感じられる。奔放に小説で遊びながら、最終的に脈絡をつけてくる。ストーリーの整合性ということではなくて、コンセプトの一貫性という形で。そこで示される手腕がこのシリーズの読み応えのひとつになっている。
物語シリーズの過去の作品の中には"遊びすぎ"と言いたくなるものもあるけれど・・・

世界観の設定について釈然としないところは残るけれど、この作家の「読ませる力」に楽しませてもらいました。



  1. 2012-09-29 22:33:54
  2.  西尾維新
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

クドリャフカの順番 (米澤穂信)

古典部シリーズ第三弾。舞台は文化祭。

最大の新味は、前二作が主人公による語りで一貫していたのに対し、本作では古典部員4人の語りが連動して読み手を導いていくこと。読み手の立場からすると、お馴染みのキャラたちに、これまでとは違う視点で付き合うことになる。
主人公折木以外の3人のうち、キャラの濃い千反田の語りに注目したのだけど、案外と普通で残念。こちらの勝手な期待だけど。

ここでもライトなミステリが繰り広げられている。今回もミステリとしては微妙。なにより、犯人の動機と犯行手段の整合性が怪しい。謎解きの楽しみに動機が不可欠というわけではないけれど、最後に明かされる動機に説得力がないと不完全燃焼。
それと、タイミングよく解決の糸口を提供する折木・姉の使い方はご都合主義でひっかかる。前作でも、違う意味でご都合主義を覚えた。

一方、青春小説として読むと、これはなかなかの好印象。「才能」を扱っているのだけど、持たざる者サイドの里志と摩耶花の語りが小説の奥行きを生み出している。実は、事件の動機も同じような感情に根ざしていて、からめ方は上手いと感じた。

特に摩耶花の持つある種の息苦しさ、自分に多くを望んであがく息苦しさはリアルに感じられた。キャラの見せ方の上手な作家と思うけれど、そういうのとは別の意味で、ここでの摩耶花に存在感を覚えた。



  1. 2012-09-25 10:59:46
  2.  米澤穂信
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

猫物語 白 (西尾維新)

時系列で言うと「傷物語」「猫物語(黒)」「化物語」「偽物語」「傾物語」の後のエピソード。ただし、「傾物語」とはほぼ同時進行の模様。ちなみに、その「傾物語」は刊行順で言うと「猫物語(白)」の後。

シリーズの中では新機軸。これまではすべて阿良々木暦の一人称語りだったのが、本作では羽川翼が語り手に。個人的には遅く感じたくらい。「偽物語」ですでに阿良々木暦の一人称語りに限界を感じていたから。「偽物語」の冗舌・雑談調が好きな読者の見解は異なるかもしれない。

羽川翼は、作品ごとにちょっとずつ感じは異なるものの、主要人物のひとりであり、特に「傷物語」での印象は強烈だった。そんな彼女の一人称語りに期待と不安を覚えたし、内面の決着がどうつけられるか興味津々で読み始めた。

で、期待は裏切られなかった。生真面目な羽川の一人称語りのせいか、語り口に迷走感はない。むしろシリアスな空気が流れ出している。
出来事のクライマックスは格闘シーンの辺りかもしれないけれど、物語としての山場は、羽川が自分に当てた長い手紙のくだりだろう。シリーズを追いかけてきた読者には読み応えがあると思う。
単純な話なので上手さがビンビン響く感じではないけれど、この二段階の盛り上げはかなり気が利いている。

ことの原因を生育歴に求める作法は前作までに使い古されたパターンなので、新味は乏しい。しかし、好意的に読むと、高校生視点での家庭/家族をシリーズのサブテーマに据えていると考えられなくもない。深堀りはされていないけれど。

一件落着した後の羽川のキャラに注目していたけれど、これに関しては月並みな感じ。この点は、残念と言えば残念。



  1. 2012-09-15 13:53:57
  2.  西尾維新
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

猫物語 黒 (西尾維新)

猫物語は白と黒の2巻で一括りかと思ったら、黒で一旦完結されている。
刊行順だと「化物語」「傷物語」「偽物語」の次。扱われている出来事の時系列順だと「傷物語」に次。

これの前に刊行された「偽物語」ではストーリーの面白さが大きく後退して、冗舌調とキャラ弄りに徹していた。西尾維新ファンは楽しいのかもだが、”内輪のウケ狙い”的空気が濃厚でシラケてしまった。迷いつつ、念のために本書を手に取った。

読んでみると、序盤は主人公と下の妹との会話が延々と続けられている。このノリは「偽物語」っぽい。「傷物語」での冗舌はストーリーの推進力を損なうことなく彩っていた。猫物語(黒)序盤のグダグダ会話は、ストーリー展開との関連はあるけれど、その間ストーリーの進行は停滞している。で、読みつづけるか否かを迷っている辺りで、ようやく火が入る。よかったよかった。

シリーズを追いかけてきた読者にとって、かなり気になっているはずのゴールデンウィークの事件が扱われている。期待通りなのか、期待はずれなのか、期待以上なのか、判定は人それぞれになるだろうけれど、大ハズレということはないだろう。
ただ、「化物語」「傷物語」にあった、物語の世界を構築していこうとする熱気みたいなものは薄まっている。良く言えば、自分の作り上げた世界に遊ぶような余裕を感じる。圧倒されることはないけれど、安心して楽しめた。


  1. 2012-09-13 19:59:54
  2.  西尾維新
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

傷物語 (西尾維新)

物語シリーズの第2弾。

この作家の筆の速さは知りませんが、文体は冗舌調。溢れ出す言葉がしばしば作品世界の枠からはみ出しそうになる。いや、何度かはみ出してしまう。
こういうのは、作者の体臭が強くなりすぎるとうざくなる、わたしの場合。『傷物語』はバランスが絶妙なのではないだろうか。冗舌さが、いい感じに作品世界を彩っている。見透かすような、脱力しているような、皮肉っているような、軽薄そうな、それでいて熱い、みたいな独特の作品世界に浸ることが楽しい。
造り込みによってではなく、語り口でもって心地よい世界を生み出せるというのは才能なんでしょうね。魅力的な文体という閾を超えている感じ。

プロットの造り込みはちょっと甘いように感じられるし、本の厚みのわりに単純な物語だったりするのだけれど、語り口の楽しさとか、作者が仕掛けてくる読者との駆け引きなんかで退屈させない。こうなると、ちょっとした緩みさえ味付けの一つと思えてくる。

物語シリーズでは、作品によって主要人物のキャラが変わることがあるのだけれど、傷物語の羽川翼はなかなか強烈でいいと思う。


  1. 2012-09-09 20:32:45
  2.  西尾維新
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ