ぶっき Library... ワイルド・ソウル (垣根涼介)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

ワイルド・ソウル (垣根涼介)

この作家の作品は4つ目ですが、これまで読んだ3作品とは桁違いの力作でした。

戦後日本の移民政策を糾弾しているので、社会派小説ということになりそうですが、確かに前半はそれっぽい重厚さがありますが、後半に入ると、他の作品に比べれば腰の据わった筆致ながら、この作家らしい軽快感やスピード感が強まって、ラストはなかなか爽やかです。

移民の艱難辛苦が重厚かつスケール豊か描き出される前半は、面白いかどうかは別にして手応えがあります。力の入りようがダイレクトに伝わってきます。こういうのも書けるのかと感心しました。
それで、ついつい圧倒的なクライマックスを期待してしまうのですが、残念ながら圧倒的と言えるほどには盛り上がりませんでした。
最大の原因は、移民政策の犠牲者たちが日本政府への報復を図るのですが、この肝心の報復がかなりしょぼい。また、報復が順調に進み過ぎてドキドキハラハラが乏しい。最大のピンチが色恋沙汰というのは・・・
また、敵役が漠然としていて対立の構図が不鮮明なのもマイナスです。報復の対象は日本政府ということで、大掛かりではあるものの、的が絞られず、敵方の顔が見えてきません。工夫の余地がありそう。

『ワイルド・ソウル』に限らず、この作家は感情や本能むき出しの生々しい描写を嫌うようだし(心理描写が浅いわけではない)、わりにスイスイと事を進めてしまいがちなので(ハラハラした記憶がありません)、テンションが上がりきらないことが多いです。

もう一押し二押し欲しいけど、この作家の筆力の高さを見せ付ける作品であることは間違いないです。
wildsoul.jpg
  1. 2006-04-30 18:06:54
  2.  垣根涼介
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/81-4f8cf890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

垣根涼介【ワイルド・ソウル】
テレビをつけっぱなしにして、その音を聞きながら本を読むのが癖になっている。ブラジル移民の苦しみと報復を描いた【ワイルド・ソウル】を読んでいるとき、「ドミニカ移民訴訟」のニュースが耳に飛び込んできた。
  1. ぱんどら日記    
  2. 2006-07-30 15:05:29  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。