ぶっき Library... チーム・バチスタの栄光 (海堂尊)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

チーム・バチスタの栄光 (海堂尊)

珍しくバリバリの新刊。巷の評判以外に読みたい理由があったんです。
この作品で扱われる高難度の心臓手術、通称バチスタ手術。かつてNHKのドキュメンタリー番組『プロジェクトX』で、日本初のバチスタ手術が採り上げられました。調べてみたら、『奇跡の心臓手術に挑む』の回。一度は失敗しながら、医師生命を賭して二度目の手術に臨む心臓外科医の姿に、ボロボロ泣きました。
『チーム・バチスタの栄光』はこの医師とは無関係のミステリー小説ですが、“バチスタ”という単語に反応してしまいました。

さて本題。

この作家のデビュー作です。大学病院を舞台にしたミステリー。

まあ、何と言いましょうか、小説家にとって魅力的なキャラを創れるというのは大きな武器だなぁ、とあらためて痛感。
ミステリーとしては謎解きが安易だったり、真相にたどり着くプロセスがあっさりしすぎていたりなんですが、キャラたちの存在感とスリリングな駆け引き・対決のおかげで、緩んだ感じはほとんどないどころか、物語の行方から眼が離せないんですね。首を捻りたくなるところがあるにはあるんですが、先の展開が気になって、どんどん読まされてしまいます。
計算しつくされた緻密なプロット、というのも楽しいけど、魅力的なキャラは、そういう計算とかテクニックを圧倒してしまうんですね、少なくとも読んでいる間は。

といっても、ことさらに粗いとか未完成ということではありません。気になるところはいくつかありましたが、新人の作とは思えない充実感です。大学病院という独特の世界が分かりやすく&面白く描かれていたり(型破りな医師による、ハードボイルド風語り口がなかなか)、現代医療に対する問題意識が盛り込まれていたりと、あちこちに目配りが利いています。

いずれにしても、キャラクターをハンドリングする能力だけなら、既に多くの諸先輩作家たちを凌駕しているのではないでしょうか。というか、才能なんでしょうね。才能ありますよね、この人。
キャラというものはとかくマンネリ化しがちですが、まだ引き出しがありそうなので(?)、今後の活躍に期待。
teambatistaxeiko.jpg
  1. 2006-04-30 18:05:05
  2.  その他の作家
  3.  |
  4.  Trackback(5)
  5.  Comment(2)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

あおちゃんさん、こんにちは!
二束のわらじを履く作家さんのようなので、ポンポンと新作が出るのかどうか・・・森博嗣みたいな人もいますけれど。

リンク変更、お手数おかけします。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-08-16 11:58:23 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
ごぶさたしてます。
まずは得意な分野で書いたという印象ですね。
キャラ作りがすごくうまいので、これからも期待が出来そうです。
次作の構想もあるとかないとか。楽しみです。

そうそう、ブログのリンクをFC2に変更させていただきました。
  1. あおちゃん  
  2.  
  3. 2006-08-15 19:32:35 
  4. #DqfsYfFA 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/77-dd47a8bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心臓手術、病院によっては死亡率2倍のデータ判明・・・
もしあなたが心筋梗塞になったらどうしますか?食生活の変化により高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満の人が増えてきています。そして、それらに伴い心疾患である心筋梗塞が増えてきています。この冠動脈バイパス術についての興味深い記事が・・・
  1. 子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ    
  2. 2006-12-06 00:42:41  
チーム・バチスタの栄光 海堂尊
チーム・バチスタの栄光この本は「ひなたでゆるり」のリサさんにオススメいただきました。ありがとうございました。■やぎっちょ書評まず圧倒されました。医療とか医者の世界の専門知識。わかるかわからないかで言ったら、全然わからない。最初読みはじめ....
  1. "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!    
  2. 2006-11-20 15:46:20  
海堂尊『チーム・バチスタの栄光』
チーム・バチスタの栄光宝島社このアイテムの詳細を見る今回は、海堂尊『チーム・バチスタの栄光』を紹介します。今までバチスタ手術に成功を重ねていたが、あるときから失敗が続くようになった。それは、医療過誤か殺人かの解明なのだろう。不定愁訴外来担当の田口講師と厚
  1. itchy1976の日記    
  2. 2006-08-21 18:33:18  
妄想キャスティング――海堂尊【チーム・バチスタの栄光】
第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。応募時のタイトルは「チーム・バチスタの崩壊」で、大賞に決まって出版する際に「栄光」と変えたらしい。「崩壊」ではストレートすぎ。「栄光」のほうが皮肉めいた感
  1. ぱんどら日記    
  2. 2006-08-17 14:19:07  
「チーム・バチスタの栄光」海堂尊
タイトル:チーム・バチスタの栄光著者  :海堂尊出版社 :宝島社読書期間:2006/07/19 - 2006/07/20お勧め度:★★★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘し
  1. AOCHAN-Blog    
  2. 2006-08-15 19:27:05  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。