ぶっき Library... モーダルな事象 (奥泉光)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

モーダルな事象 (奥泉光)

純文学並に人間描写にこだわった娯楽作品、というのがわたしのツボなんですが、こういうスタイルは意外と少ないようです。奥泉光氏はその数少ない例外。
文学的にはマニアックなんだけど、内にこもっていなくて、この人なりに幅広い読者を楽しませようとする意志が感じられます。そして、練り込まれた文章や作り込まれたディテールはワンランク上の上質感。ことに、この作品では楽しみながら作り込んでいる様が伝わってきます。

ただし物語の展開にはやや不満。
この作品は盛りだくさんです。基本としてのミステリーに加えて(ちなみに文芸春秋「本格ミステリー・マスターズ」の一冊です)、SFとかオカルトっぽい要素があったり、探偵役の元夫婦の気になる関係に、事件に巻き込まれた助教授のダメ男振り、大学の風刺的な描き方も面白いし、さらにお得意の幻覚的な演出が駆使されています。
これだけいろいろ盛り込めば奇想天外に展開しそうなものだけど、物語の展開はかなり安全運転。そして、いろんな要素の相乗効果が今ひとつ。ミステリー小説的な意味合いでは先の展開が気になるけれど、「この小説、どうなっちゃうんだろう!?」みたいなワクワク感が乏しい。
たとえば、SFとかオカルト的な演出は彩りに止まっていて、もともとの設定以上には広がっていかない。探偵役の元夫婦は情報収集するだけで、これといえるような冒険が無い。おまけに、英国かぶれの元鬱病患者という夫のキャラ設定はストーリー上まったく活かされていない。また、遺稿の小説が大ベストセラーになるプロセスはもっと盛り上げられたはず。ミステリーとしても、つまらなくはないものの、サプライズは無かった。
ご本人はハメをはずしたつもりかもだけど、小技の面白さに終始している。大技でビックリさせて欲しかった。

楽しめたのは事件に巻き込まれた助教授のパート。屈折したキャラの面白さはかなりのものだし、自分を乗越えてしまうラストは気持ちよかった。

もしも小説が工芸品であればこの洗練と作りの良さは決定的な魅力になるかもしれないが、小説は小説なわけで、だから読者によって判断が分かれそう。

いろいろ注文を付けたけど、作風はわりと好きです。
modalxjisyo.jpg
  1. 2006-04-30 12:07:40
  2.  奧泉光
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/70-7eb1ad45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。