ぶっき Library... 僕たちの戦争 (荻原浩)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

僕たちの戦争 (荻原浩)

奇しくもタイムスリップ物が連続しました。現代の若者と太平洋戦争当時の若者がタイムスリップして、生きる時代が入れ替わります。

現代と太平洋戦争当時が交互に描かれますが、どちらも活き活きと描かれていて、戦争を扱った小説にしては随分とっつきやすいです。

時代感覚のズレが巧みに笑いにつなげられていて、何度も笑わされました。特に、現代の若者のカタカナ言葉が誤解されたまま会話が成立したり、戦時下からやってきた若者が現代日本の状況に混乱するくだりは気が利いています。
荻原氏はストーリーの自然な流れの中から笑いを引き出すことの達人ですが、そのぶん笑いが穏当になりがち。でもこの作品ではタイムスリップという思い切った設定が奏功したのか、しっかり楽しめました。

この作家にしばしば感じる不満はドライブ感の弱さ。自然で手堅いストーリー展開を旨としているようなので破綻は少ないのですが、それだけに盛り上げが手ぬるくなりがち。残念ながら本作でもそれを感じました。中盤まではほとんど不満を感じませんでしたが、終盤に入って、失速というほどでは無いのですが、今ひとつ盛り上がり切れません。尻すぼみ。

一つには、終盤に入ってからの戦時中の描写が緩く感じられます。身の危険にさらされ、仲間を失い、恋情を抑え込まなければならない状況が描き出されているはずですが、緊迫感も悲愴感も切なさもいまひとつ。この設定・展開なら読者をドキドキさせたり目頭を熱くさせなきゃ嘘だと思います。多少あざとくなったとしても、読み手を直撃するような演出が欲しかった。

二つ目は、現代に来た若者が朱に交わって赤くなるのは止むを得ないけれど、小説的には彼が現代の日本に感じた違和感をもっと膨らませて欲しかったです(結果として現代日本を受け入れるとしても)。この設定・展開ならそういう方向しかないと思うんですよねぇ。状況に無為に流されがちなために、終盤は存在感ドンドン薄くなっていくように感じました。

丁寧で安定した筆致に心惹かれただけに終盤の盛り上がり不足は残念でした。
とは言え、総合的には楽しませてもらいました。
bokutatixsenso.jpg
  1. 2006-04-30 12:05:47
  2.  荻原浩
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/67-b6dc9ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。