ぶっき Library... オロロ畑でつかまえて (荻原浩)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

オロロ畑でつかまえて (荻原浩)

山村の村おこしを題材にしたドタバタ喜劇。この作家の出世作です。

脚本家の三谷幸喜氏の作風を連想しました。現実的な設定の舞台に現実離れした(ありえないような)事件を引き起こし、そこで繰り広げられるドタバタ劇を笑いと涙とスリルを交えて描きつつ(ただし『オロロ畑でつかまえて』に関しては涙はありません)、最後はどんでん返しとともに開放的なカタルシスで締めくくる。このタイプの作品は登場人物も作者も綱渡りの連続で、難易度が高いと思います。
後述するような物足りなさはありますが、破綻無くまとまっていると思いますし、この手の作品に欠かせないユーモラスで人懐っこい空気がよく出ています。狙ってできることではないので、貴重な持ち味と感じました。

筋立て自体はうまくできていますが、全体的に書き込みが不足しているようです。そのために、このタイプの作品特有のいい雰囲気は出ていますが、雰囲気止まりで手ごたえには至りません。
村の青年会のメンバーをせっかく個性派ぞろいの設定にしながらも、そのごく一部にしかスポットライトが当たっていないのはもったいない気がしました。もっともっと読者をドキドキワクワクさせられたはず。

また、最後の幕の引き方は不完全燃焼でした。というのは・・・(以下ネタバレ)
人気美人アナウンサーを村に嫁入りさせてどんでん返しという展開にするのであれば、そこに至るまでの過程でいくらでも面白い場面が作れたはず。やり方によっては、メインのウッシー捏造以上に盛り上がったはず。嫁入りがオマケのエピソードならあっさりした扱いはありだと思いますが、どんでん返しの肝に据えるからにはじっくりと書き込んで欲しかったです。ちょっと拍子抜けで、もったいなく感じました。

総合的には、後の作品につながる天性のとも言えそうな語り口は十分に楽しめました。
ororobatakextukamaete.jpg
  1. 2006-04-30 12:03:43
  2.  荻原浩
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/62-ca446ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。