ぶっき Library... 葉桜の季節に君を想うということ (歌野晶午)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

葉桜の季節に君を想うということ (歌野晶午)

ミステリーの分野では実力派の作家と思っていましたが、一般受けしにくいタイプの作家とも思っていました。それだけに、この作品が読者から高く評価されたことは驚きでした。
この作家の実力が発揮されているという意味では、『ブードゥー・チャイルド』とか『世界の終わり、あるいは始まり』あたりと比べて、特にこの作品が抜きん出ているとは感じません。この作品に特別なものがあるとすれば、驚きの大きさ。この大どんでん返しにはめまいを覚えました。その鮮烈さが強く支持されたということでしょうか。

近年の歌野氏は、作風の面ではミステリーの枠を越えようとしながらも、小説自体からは根っからのミステリー作家であることが伝わってくる、というユニークな作品を立て続けに発表しています。
『葉桜の季節に君を想うということ』の手法は叙述ミステリーに似ていますが、一般的な叙述ミステリーにおいてはまぎらわしい叙述は手段なのですが、この作品ではそれが目的になっています。描かれる犯罪なり事件はそのための道具に過ぎない。歌野氏が発明したアプローチということは無いと思いますが、ここまで徹底した例は稀なのではないでしょうか。

あまりにも念入りな仕込みと大どんでん返しのタイミングの良さにビックリ仰天させられますが、引っ掛けのネタ自体は滅茶苦茶ベタなので(ある意味おやじギャグ的)、下らなく感じる人がいるかもしれません。

いくら面白くても、これだけなら軽めのユーモラスなミステリーで終わっていたかもしれません。それだけで終わらせないのがこの作家の上手さ。前述のように引っ掛けのネタ自体は滅茶苦茶ベタなのですが、これをスムーズに主人公の人生観やら今日的な話題につなげていくことで作品に品格を与えています。補遺も心憎い演出。

ただし、この部分はちょっと気になるところがありました。というのは・・・(以下ネタバレ)
ラストでの「俺」が節子に自首を勧める場面では、場面の性格上止むを得ないとしても、何人もいる彼女の間接的な犠牲者に対する配慮が乏しかったのは物足りませんでした。彼女は加害者でもあり被害者でもあったわけで、落とし所は微妙だとは思いますけど。
hazakuraxkisetuxkimixomoukoto.jpg
  1. 2006-04-30 07:13:44
  2.  歌野晶午
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/53-a03b1cc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。