ぶっき Library... 逃亡くそたわけ (絲山秋子)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

逃亡くそたわけ (絲山秋子)

この作家の本はこれで3冊目。

とりあえず面白いです。ノリノリで一気に読み上げてしまいました。読後感はやや不完全燃焼ながら、エンターテイメントとしてはかなりイケてます。

精神病院から逃げ出した一組の男女がひたすら車で九州を縦断するだけなのですが、二人のやりとりが楽しいし(方言はちょっとやりすぎ?)、二つの結末(逃避行の結末と、二人の関係の結末)が気になって最後まで眼が離せませんでした。

精神病の症状の表現はなかなかの優れモノです。「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」とは伊坂幸太郎氏の『重力ピエロ』に出てくるセリフですが、『逃亡くそたわけ』はこれを地で行っています。「陽気に伝えるべき」というよりは「陽気に伝えないとやってられない」って感じかな?これに比べたら本家なんて・・・(粘着ですいません)。

不完全燃焼だったのは逃避行が物理的にも心理的にも平板だったこと。
この作品の面白さは主役の男女のキャラと九州縦断逃避行という状況設定で尽きていて、逃避行中の出会いとか事件とかは無いに等しくて(あっても印象が薄い)、主人公の心の部分でも、いろいろ深読みできなくは無いけれど(個人的に深読みは嫌い)、ちゃんと描けているのは「軽く気晴らししました」程度。
物語の性格上派手な展開は期待していなかったけど、それにしても尻すぼみな感じが残りました。
tobokusotawake.jpg
  1. 2006-04-30 06:24:42
  2.  絲山秋子
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/45-f26be0b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『逃亡くそたわけ』絲山秋子 を読んで
逃亡くそたわけ (講談社文庫)絲山 秋子 社会とか、学校とか、仕事とか、うつ病とか、親とか、友達とか、故郷とか、ルールとか、 そんないろんなものを、「見えないゴール」を目指す旅の中で、ゆっくり見つめなおすきっかけを与えてくれる。 精神疾患を抱えた男女の2人の若
  1. そういうのがいいな、わたしは。(読書日記)    
  2. 2007-11-18 18:15:47  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。