ぶっき Library... マルドゥック・ヴェロシティ (冲方丁)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

マルドゥック・ヴェロシティ (冲方丁)

印象的だった『マルドゥック・スクランブル』の続編。ただし、描かれているのは『マルドゥック・スクランブル』より前の出来事。前作同様3分冊。

本作の主人公は『マルドゥック・スクランブル』の敵役。『マルドゥック・スクランブル』を読んだのは1年4ヶ月前なので、頭の中でつながるまでに少し時間がかかる。が、どうやら前作を知らなくても支障無さそう。

文章は美しくない。うまいとも思わない。ただ、記号を駆使した表現にはスピード感があるし、熱気を帯びた文体には強い牽引力がある。
洗練されない前のめりな文章に、この作家の姿勢があぶりだされているのか(いい意味で言ってます)。

『マルドゥック・スクランブル』でも立ち上がりの鈍さを感じたけれど、本作はさらに鈍い。3分冊のうち2冊目の半ば頃までは、面白さを鈍重さが上回る。入り組んだ人間関係の煩雑さがこれに拍車をかける。
しかし、それ以降は力強いドライブ感で一気に読ませる。

『マルドゥック・スクランブル』ではヒロインである少女の覚醒の物語が圧巻だった。SFというジャンルを超えた面白さがあった。
一方の『マルドゥック・ヴェロシティ』は、SF、サスペンス、バイオレンス、ミステリーなど複数の顔を持つし、主人公の葛藤には説得力があるけれど、素性としてはジャンル色の強い作品。
前者は万人に勧めたい作品だけど、『マルドゥック・ヴェロシティ』はこの手の小説が好きな人たちにとって楽しい作品、と思う。
mv.jpg
  1. 2007-09-25 14:55:02
  2.  冲方丁
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/345-4b0c9dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。