ぶっき Library... 愚者のエンドロール (米澤穂信)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



愚者のエンドロール (米澤穂信)

先日記事をアップした『氷菓』に続くシリーズ第2弾。

微妙な読後感。
この作家の魅力が、キャラの立たせ方と明快で親しみやすい語り口にあると考えれば、期待は裏切られない。
ただ、『愚者のエンドロール』は前作『氷菓』に比べて推理小説としての色が強く出されているけれど、(ミステリーとしての)論理面での弱さゆえに、かえって消化不良に感じられる。

特に引っかかったのは、一連の出来事の仕掛け人「女帝」の行動に説得力が無いこと。「女帝」は映画のクォリティ=論理的な完成度と考えて行動しているけれど、その発想は変な気がする。そして、折木の推理によって修正されたオチが映画的におもしろいのか微妙。

また、千反田が最終段階で持ち出した「本郷はなぜ・・・」という着眼は、ふつう最初の段階で考えることではないだろうか。少なくともわたしはそうだったので、どんでん返しのネタとして使われていることに苦笑させられた。

まだシリーズ2作目だからキャラの鮮度は色あせておらず、相変わらず楽しい。ウイスキーボンボンで酔っ払う千反田とか。ただし、酔った彼女をストーリー展開にからめてくるのかと思いきや、キャラ萌え描写に終始していた。もうちょっとヒネって欲しいかも。

単調に陥るのを救っているのが終盤のどんでん返しで、ミステリー的な興奮は乏しいものの、主人公を含めた4人組のやりとりは微笑ましくも楽しい。こういうところに、作家のセンスの良さを感じる。

割り切って読んでいるから、この作家の持ち味を楽しんだけれど、評を書くとなれば辛口にならざるを得ない作品。



  1. 2007-09-06 22:58:42
  2.  米澤穂信
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(2)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

romiさん、コメントありがとうございます
こちらこそご無沙汰です。
この人はなかなかの人気作家なのか、図書館ではなかなか見つかりません。
上ではいろいろ難癖つけましたが、見かけたら別の作品も読んでみたいです。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2007-09-08 23:35:20 
  4. #KhfqmKt. 
  5. [ 編集]
こんばんわ
お久しぶりです。
米澤穂信は最近気になっている作家の一人で、それというのも、この『愚者のエンドロール』の装丁が妙に気になったからだったのですが、未だにこれを読めてません…
というか『春期限定いちごタルト事件』しかまだ読めてないのですが、そちらもシリーズものもようなので、読んでしまおう!と思って購入してますがまだ読めてないみたいな…
乃太朗さんの「生臭くないミステリーを目指しているようで…」というところに「あぁ~なるほどな~」と。そんな感じがしますよね。
私も、『愚者~』と『氷菓』を手に取るところまで早くたどり着きたいところです。
  1. romi  
  2.  
  3. 2007-09-08 00:54:47 
  4. #sZpm1ECI 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/343-ffb3c0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愚者のエンドロール
愚者のエンドロール 米澤穂信著 脚本担当者が病床に伏した為、未完結となった自主制作映画。 トリックも犯人さえも分からないままとなってしまった密室殺人を、完結まで漕ぎ付け...
  1. slow match    
  2. 2007-12-20 00:53:02  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ