ぶっき Library... 温室デイズ (瀬尾まいこ)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

温室デイズ (瀬尾まいこ)

11月にいじめ自殺に関する記事をアップした際に、『図書館で本を借りよう!~小説・物語~』のすのさんから、『温室デイズ』の書評記事のトラックバックをいただいた。気になったので、遅ればせながら読んでみた。

何が気になったかというと、いじめに対する探究心よりも、あの瀬尾まいこが、いじめをテーマにどんな小説を物したのか?という好奇心。

瀬尾本はここにアップしている2冊しか読んでいなくて、それだけでこの作家を語るのは軽率なのだけど、持ち味としての雰囲気の良さはあるけれど、思慮浅く感じられて、ちょっと痛い感じ。

そんな彼女が、“いじめ”という困難なテーマにチャレンジしたという。いくら現役中学教師という強みがあるとは言っても、いくら旬な話題ではあっても、ちょっと軽率ではないのか?角川書店の口車に乗せられて踏み誤ったのではないか?
などと危惧したけれど、これはなかなかいい本でした。

過去に読んだ2作品と違って、この作品はリアリズム小説。
作者の意識はチャライ妄想に走らず、現実に向かっている。
中学校という“温室”が下卑た悪意をもぬくぬくとさせている現実、そして集団の悪意が持つ無機的な不気味さがちゃんと伝わってくる。
心理描写は相変わらず甘口で、テーマのわりに圧力は乏しいけれど、つらいテーマにしては読みやすいとも言えるわけで、一概に欠点とは言えない。

この作品は“いじめ”に対してまったく楽観的ではない。あるところで境界線がひかれていて、それを超えたところでは思いは伝わらないし、理解しあうこともできない。二人のヒロインは一貫してその犠牲者で、前向きに働きかけども報われない。
しかし読後感は苦いばかりではない。いや、むしろ幾ばくかの心地良さに浸れた。それは、二人のヒロインが成長しているからだし、彼女たちは“温室”には失望したかもしれないけれど、人間には失望していない。

物足りない点は、ヒロインの一人みちると不良学生伊佐の関係が中途半端にしか描かれていないこと、SS山川の花壇の防衛方法が陳腐に感じられる点。
でも、瀬尾まいこ作品でこんな風に適度な感情移入を楽しめたのは意外な収穫。
onsitudays.jpg
  1. 2007-01-21 14:40:23
  2.  瀬尾まいこ
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(6)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

通りすがりさん、お粗末さまでした
大したお答えができなくてすいません(汗)
これをきっかけに読んでみようかと思いますが・・・辻さんの場合、ぶっちぎりの代表作というのは無さそうのですね・・・
ちなみに途中で止めた『太陽待ち』はかなり長い作品で、読み続けるだけの興奮を覚えなかったのは事実ですが、拒否反応が出たわけではありません。入門にふさわしそうな、手ごろな作品に当たってみましょう。
それでは!
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2007-01-25 13:30:04 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
コメントありがとうございます
参考になりました。ありがとうございます。

乃太郎さんも本を読みすぎて読む本がなくなってしまった日には「海峡の光」でも手にとってみてください。v-87
  1. 通りすがり  
  2.  
  3. 2007-01-24 22:24:54 
  4. #- 
  5. [ 編集]
通りすがりさん、こんにちは
確かに、知名度とか実績とか作品数のわりに、辻さんの話題に接する機会は少ないですね。というか、さっき検索してみて、作品数の多さに驚きました。
わたし自身は『太陽待ち』を途中まで読んだだけです。

あまり読まれていないのが事実だとして、多作な実力派作家が本好きの興味をひかない理由として想像されるのは・・・
●作品の出来不出来の落差が大きい。
●作風が個性的で読み手を選ぶ。
●作風も読者も固定している。
●多才なあまり、イメージが拡散している。
●多才さの副作用で、マイナスイメージが蔓延している。
●二人の美女との婚暦に対する嫉妬。
思いつくのはこんなところです。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2007-01-24 13:37:27 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
コメント
乃太郎さん

この作品とは全く関係のない話題で申し訳ありません。どこに書けばいいのか分からなかったので…。いつも更新を楽しみにしております。
ところで、読書ブログを沢山ブックマークして拝見しているのですが、なかなか辻仁成さんを読んでレビューしている方を見かけないのですが、辻さんは作家として読書家の間ではどういった位置づけなのでしょう?私は「海峡の光」「サヨナライツカ」エッセイなど好きな本が多いのですが。芥川賞作家でもあるにもかかわらず、こういったブログであまり読まれていないのには何か原因があるのでしょうか?って、乃太郎さんに質問しても仕方ないですけど(笑)。辻さんの作品についてなにか感想をお持ちでしたら教えてください。
くだらない質問で申し訳ありません。
  1. 通りすがり  
  2.  
  3. 2007-01-22 22:18:43 
  4. #- 
  5. [ 編集]
すのさん、こんにちは
早速のコメントありがとうございます。
わたしも控えめな締めくくり方にリアリティーを感じました。
わたしの中でのこの作家に対する期待度が低すぎたのかもしれませんが、なかなかよかったです。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2007-01-22 13:38:02 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
ご紹介ありがとうございます
本文でのご紹介、ならびにTBありがとうございます。
最近人気作家となった瀬尾まいこという作家に、その前の作品(「強運の持ち主」)で裏切られたと思っただけに、この作品には打たれました。たぶん、こういう風に不器用にまっすぐ生きる少女って実際に居るんでしょうね。甘さや陳腐さもありましたが、ただお説教よろしい大団円の物語でないリアリティーはあったと思います。
みんなに、とくに若い人たちに読んで欲しい一冊です。
  1. すの  
  2.  
  3. 2007-01-21 23:08:24 
  4. #VvogIYRY 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/327-375ebae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「温室デイズ」瀬尾まいこ
「温室デイズ」瀬尾まいこ(2006)☆☆☆☆★※[913]、国内、現代、小説、いじめ、中学校ネットで親しくしている「本を読む女」のざれこさんが、丁度同じ時期に読まれ「すごくタイムリーな読書だと思い、そしてこの本をタイムリーだと思ってしまう最近ってどうなってるんだ、
  1. 図書館で本を借りよう!~小説・物語~    
  2. 2007-01-21 23:01:14  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。