ぶっき Library... ナラタージュ (島本理生)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

ナラタージュ (島本理生)

この作品の終盤に、こんなくだりがある(泉が主人公=語り手で、志緒はその友人)。

ねえ、とにわかに志緒がつぶやいた。
「葉山先生って、本当は泉のことが好きなんじゃないの」
ふっと彼女のほうを見ると、彼女の背後に明るい夜の町が広がっていた。


これ以前に読んだ島本作品はわずかに2つだけど(『リトル・バイ・リトル』『生まれる森』)、それらによるわたしの島本理生観が、上の3行目の一文に集約されている。文章の淡々として静かな流れを崩さないままに、前景と背景をクロスオーバーさせて、ニュアンスを膨らませるセンスの良い文章表現。
しかし、天性と思える文章の上手さに比して、『リトル・バイ・リトル』『生まれる森』の物語は手薄で抑揚が乏しい。


そんな島本理生が、『ナラタージュ』では人物を、物語を、力いっぱい作り込んでいる。文章の淡々とした佇まいは踏襲されているけれど、言葉の心地良い流れで読み手を魅了することよりも、物語る力で読者に向かってくる。

そのチャレンジは成功しているのか?というと、開始から70%あたりまでは懐疑的だった。淡々とした歩調は、短篇~中篇ならともかく、この規模の長編では単調や弛緩に堕しかねない。
また、主人公が想いを寄せる出身高校の教師のキャラが平板で、そのために彼女の想いがリアリティを帯びてこない。主人公、ということは作者と年代の近い男性キャラ(高校生、大学生)には実体感がある。一方、一回り年上の高校教師は作り物っぽい。作者の人生経験不足なのか、このキャラを無理に美化しようとしてはずしているのか・・・

ところが、終盤に入って様相が変わる。(以下ネタバレ)
わたしはほとんど入り込めないまま終盤に差し掛かったのだけど、それでも、二人が結ばれる場面~電車のホームでの別れ~後日談としての落涙のシーンの3連発には引きずり込まれた。泣きはしなかったけれど。
徹底して女性目線な作品だけに、わたしのは感情移入ではないと思う。それとは別に、作者島本理生のクライマックスにかける気合にしびれた。気合が入っても、上滑りはなくて、言葉はしっかりと噛み締められている。どの登場人物にも入り込めていないのに、それにもかかわらず、文面から溢れ出すはりつめたような、青ざめたような抒情に飲み込まれた。凄い、凄い。たぶん、ずっと後になっても、この終盤の追い込みを忘れないと思う。

男の読者が、同性である高校教師寄りの目線から、あるいはヒロインと高校教師とに同じ距離感をもって、一種の純愛小説として読もうとすると、微妙かも。好悪はともかく、恋愛観に偏りというか思い込みを感じる。個人的には、もっぱら主人公サイドに立って、恋愛の狂おしいまでの切なさに浸る、という読み方がオススメ。
narratage.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

  1. 2006-10-05 20:00:29
  2.  島本理生
  3.  |
  4.  Trackback(4)
  5.  Comment(6)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

少し読んでみようかと思いますさん、こんにちは
>女性視点で、物語が展開するラブストーリーは、今まで、あるようで
>手頃に読める本はタイトルが少なかったので、

なるほど、そういう着眼で考えたことはありませんでした。
ぜひ感想をお聞かせください!
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-12-14 00:26:50 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
まだ読んでませんが
いい作品なのではないかと思います。
女性視点で、物語が展開するラブストーリーは、今まで、あるようで
手頃に読める本はタイトルが少なかったので、現代的な視点で描かれた恋愛作品は
多くの女性の共感や現実味にあふれているのではないでしょうか。

また、多くの価値観や情報が行き来する
現代社会において、古典的でもある
恋愛小説というのは、文学小説の
ポピュラーなものと思われます。
  1. 少し読んでみようかと思います  
  2.  
  3. 2006-12-13 09:58:06 
  4. #bmDtFExw 
  5. [ 編集]
yoriさん、コメントありがとうございます
>次回の長編が彼女の今後を占う、一つの転機になるような気がしている今日この頃の私であります


これ、わたしも同意します。しばらくは目が離せませんね。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-10-07 16:00:11 
  4. #KhfqmKt. 
  5. [ 編集]
すのさん、こんにちは
いやいや、この作品に深く入り込めるということは、それだけ感性が柔軟性を保っているということでしょう。

本文に書きましたが、この作品の終盤の追い込みには感心しました。この作家が、果たして今後も、こんな一途なパワーを発揮し続けられるのか?不安と期待。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-10-07 15:57:47 
  4. #KhfqmKt. 
  5. [ 編集]
優先するもの
以前乃太朗さんから「文体で読む人」と指摘された私ですが 笑 そんな私から見ると島本理生という作家は、とても魅力的であり、今後に対する期待の最も大きい作家でもあります。物語としては、御指摘にもある通り、今ひとつ理解できない部分もありますが、その天性ともいうべき湿った文章で、全てのマイナス要素が相殺されてしまうといった、希有な作家ですね 笑 次回の長編が彼女の今後を占う、一つの転機になるような気がしている今日この頃の私であります 苦笑
  1. yori  
  2.  
  3. 2006-10-05 23:49:09 
  4. #OpjOh/wQ 
  5. [ 編集]
TB&コメントありがとうございます。いい大人の男が、この作品の切なさや狂おしさに深く染み入るというのも、どうかと思うものの、この作家の淡々とした文章の描く世界は素敵です。
ただ、きっと、このひともふつうの「女」流作家になってしまいそうな、そんな予感を感じます。あぁぁ・・。
  1. すの  
  2.  
  3. 2006-10-05 21:05:05 
  4. #mLrVhXOU 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/316-975544ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナラタージュ [島本理生]
ナラタージュ島本 理生角川書店 2005-02-28ナラタージュ―映画などで、主人公が回想の形で過去の出来事を物語ること。これは、もうじき結婚するはずの女性・泉が語る、忘れられない恋の物語です。すごく話題になっているということは知っていたので、どんなもんだろうとち
  1. + ChiekoaLibrary +    
  2. 2006-10-06 18:53:00  
「ナラタージュ」島本理生
タイトル:ナラタージュ著者  :島本理生出版社 :角川書店読書期間:2006/02/02 - 2006/02/06お勧め度:★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]壊れるまでに張りつめた気持ち。ごまかすことも、そらすこともできない-二十歳の恋。これからもずっと同じ痛みを繰り返し、そ
  1. AOCHAN-Blog    
  2. 2006-10-06 17:37:07  
「ナラタージュ」島本理生
「ナラタージュ」島本理生(2005)☆☆☆☆★※[913]、国内、現代、小説、恋愛、青春読了して、ふうっとため息がこぼれた。切ない、若い恋。あぁ、こういう想いはどこかで経験した。懐かしい痛み。もっと器用に生きたのなら、こういう痛みは経験しなかったろうな。でも、この
  1. 図書館で本を借りよう!~小説・物語~    
  2. 2006-10-06 07:57:27  
風のかたち
図書館で本を借りる時、とても良いことが一つある。ほんの少しだけ気になった本を、何の躊躇もなく借りられるということだ。お金を出して購入する際には、たとえそれがブックオフの100円コーナーの品だったとしても、それでも思いっきり吟味してからでないとな...
  1. 活字の砂漠で溺れたい    
  2. 2006-10-05 23:42:01  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。