ぶっき Library... 流星ワゴン (重松清)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

流星ワゴン (重松清)

年配のご婦人が、見ず知らずの若い母親に連れられている幼児の姿に、条件反射的に顔をほころばせる。そんな光景に出くわすと、人の愛する本能の瞬きに触れたような心持になる。これはありがちな光景で、ということは、世の中には愛が溢れているのかもしれない。
でも、人と人とのつながりは愛だけで成り立っていないし、そもそも人は愛だけでは生きていけないから、すれ違ったり、ぶつかったり、そして愛が足りないことを嘆き、ふさぎ込んだりもする。難儀なことだ。

重松清はこういう人間の業みたいなものに正対する。愛とか気持ちが通じ合うことの素晴らしさを信じながら、しかし決して楽天的にならない、あるいはなれない。自分の中の愛に気がつくこと、あるいはそれを伝えることを妨げる何物かに目を凝らし続ける、あるいは目を逸らせない。
ひょっとしたら、無邪気に涙に咽びたい読者にとって、この作家の姿勢は硬派に過ぎるかもしれない。


主人公をエスコートする幽霊親子は、設定上はすわりが悪い。「で、こいつら何なの?」的違和感が最後まで付きまとう。
しかし、彼らの存在はこの作品の重要なキーであり、主人公をひとつの気づきに導く。信じる者に裏切られたり、夢が破れることすら、幸福なのだ。主人公はこの気づきを胸に、最低で最悪の現実に戻っていく。愛を支えるのは孤独な覚醒と確信。


主人公の妻の性癖は、ひょっとしたら時代性を意識した設定かもしれないけれど、個人的には残念。妻に感情移入しにくいぶん、夫婦の葛藤のドラマというよりも、ちょっと困った感じの妻を持ってしまった夫単独の葛藤に感じられて、作品としては一貫しているけれども、もっと拡げて欲しかったなぁ・・・

映画『異人たちとの夏』に落涙し、小説『地下鉄に乗って』を堪能したわたしにとって、この手の小説はツボ。ただし、作家の個性やいくつかの(わたしにとっての)難点のせいか、目頭が熱くなるより、考えさせられた作品。作品に、というよりも、この作家のあり方に強く感銘した・・・かも。
ryuseiwagon.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

  1. 2006-09-20 18:06:54
  2.  重松清
  3.  |
  4.  Trackback(5)
  5.  Comment(2)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

yoriさん、コメントありがとうございます
主人公の奥さんに関しては、「女運が悪かった」の一言で片付けてしまうことも出来そうな設定でしたね(笑)。
幽霊親子にせよ、チュウさんにせよ、架空の物語としての設定にはそほどこだわっていないようですね、重松さんは。あんまり気にしない方が楽しめそうですね。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-09-21 07:46:45 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
妻の有り様
こんばんわ。御指摘の通り、私も主人公の妻の有り様には、もう少し違う描き方があったんじゃないかと、違和感を感じずにはいられませんでした。幽霊親子については意表を突く設定で、あれはあれで面白かったかなと・・・笑
  1. yori  
  2.  
  3. 2006-09-20 22:04:36 
  4. #OpjOh/wQ 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/312-0d23710c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

流星ワゴン 重松清
流星ワゴンこの本は気楽に♪気ままに♪のんびりと♪のゆきさんにお勧めいただきました。ありがとうございました。■やぎっちょ書評おおお。若い父親と現代を過ごすバージョンのお話。この設定は最近あったぞ!&好き設定。「異人たちとの夏」山田太一さんだ。過去に戻....
  1. "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!    
  2. 2007-12-03 21:07:27  
(今日の一冊)流星ワゴン/重松清(著)
(あらすじ)死んじゃってもいいかなあ、もう…。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして―自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか―
  1. Kozmic Blues by TM    
  2. 2006-10-27 23:17:08  
◎◎「流星ワゴン」 重松清 講談社 1700円 2002/2
 こんな本を読みたかった。心に沁みてきた。どこか切なく感じ、少し笑みが浮かび、心温まり、チョチョ切れそうな涙をこらえて読み終えた評者の心にあるのは、満足感に加え、少し増幅された優しさかな?感受性かな? 本書『流星ワゴン』の設定自体は、ありふれた作り話。家
  1. 「本のことども」by聖月    
  2. 2006-09-21 07:25:07  
「流星ワゴン」重松清
流星ワゴン発売元: 講談社価格: ¥ 730発売日: 2005/02売上ランキング: 6,456おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/11/10「疾走」を読んだ翌日に読んだため、正直印象が薄くなってしまった。やはり、他の誰かの、できればライトな小説を読んでリフレッシュしてから
  1. 本を読む女。改訂版    
  2. 2006-09-21 01:30:07  
時間の佇む場所
時間というものは不思議なものだ。いつも一定の速度で、いつも一定の方向に流れていると、多くの人は思い込んでいるけれど、実はとても不安定で、実はとても気紛れな、適切かどうかは解らないけれど、たとえて言うならば、時とは、男を惑わす妖艶な女性のよう....
  1. 活字の砂漠で溺れたい    
  2. 2006-09-20 22:01:46  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。