ぶっき Library... いつかパラソルの下で (森絵都)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

いつかパラソルの下で (森絵都)

作者の森絵都は、ヒロインに問題を背負わせて、ありがちなトラウマ的原因(子供時代の家庭環境)をほのめかし、彼女のルーツ(父親)を探す冒険に読者を誘うのだけど、ここからが本番!というところであっさりとすかしてしまう。自分を哀れんで過去や他者に原因を求めても、何も変わらないよ、という意味のどんでん返しで、そこには現実的かつ肯定的なメッセージが込められていて、個人的にはとても共感できるし、コミカルなすかし方は上手いと思う。

また、どのキャラも立っていて、なおかつ心理描写が細やかで、自然と引き込まれてしまうし、独特の居心地の良さがある。

ひっかかるとすればヒロインの設定。彼女はいろいろと問題を抱えているけれど、基本的にはお気楽キャラで、ある部分では問題に対処できているし、なにより恋人に恵まれている。たぶん現実離れさせないために、森絵都は意図的に深刻さの程度を軽くしているようだけど、加減がつかみにくくて、彼女が背負っているものの重さに上手く同調できなかった。
たとえば序盤のセックス描写は、ヒロインの性的な悩みを浮き彫りにすることが狙い、というのは頭で理解できるけど、コンプレックスを克服するためのヒロインのテクニック(?)を読むうちに「この作家もこういう描写をやるのか~」みたいな感慨が先に立って、感情移入の妨げになった。
絲山秋子のヒロインみたいな路線を狙っているとしたら、もうちょっと危なっかしさとか乾いた感じが欲しいかも。

ベタだけど、ヒロインの妹(堅物キャラ)を主人公にした方が、キャラがくっきりするし、笑えるし、メッセージが際立ったかも。もっとも、ベタ過ぎるから、敢えて避けたのかも?
itukaparasolxshitade.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

  1. 2006-08-27 01:54:13
  2.  森絵都
  3.  |
  4.  Trackback(5)
  5.  Comment(6)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

chiekoaさん、こんにちは!
ヒロインが駄目男にひっかかっている、という設定かと思いきや、なかなかいい奴でしたね、彼は。佐渡への旅行より、彼と出会ったことの方が、ヒロインにとっては重要な出来事のような気がしました。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-08-29 20:41:47 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
「なにより恋人に恵まれている」そうなんですよ!私も同じコトを思いました…。私の心が狭いから?!って思ってましたけど、乃太郎さんも思われたなら違うわ。よかった…!
  1. chiekoa  
  2.  
  3. 2006-08-28 18:55:35 
  4. #SFo5/nok 
  5. [ 編集]
yoriさん、コメントありがとうございます
同じ日にアップとは奇遇ですね!

本文ではケチをつけましたが、森絵都作品の持つ雰囲気とかスタンスは好みです。既読の2作品を含めて。
作者としては、新しい面を出したかったのでしょうか?
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-08-27 19:16:43 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
私は昨夜遅くに読み終えたばかりです 笑
性描写というものは、作家にとって、とても難しいものなのでしょうねえ。書き手の力量が問われる部分でもあるでしょうし、読み手と書き手の感性に接点がないと、何を書いても品がなくなるということだってあるように思います。
しかしこの作品の家族に対する視点の高さには、好感を覚えました。
  1. yori  
  2.  
  3. 2006-08-27 18:18:20 
  4. #OpjOh/wQ 
  5. [ 編集]
ゆうきさん、こんにちは
読み終えてから2週間近く経過しているので、冷静というか、突き放したトーンの感想になっているかも・・・
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-08-27 13:11:02 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
TBありがとうございました。
さすが冷静なレビューですね。
特に「妹を主役にしたほうが良い」は、
目からウロコです。言われてみれば私も、そんなきがします。
ではでは。
  1. ゆうき  
  2.  
  3. 2006-08-27 12:47:29 
  4. #sSHoJftA 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/301-10a81f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

森絵都【いつかパラソルの下で】
ヒロインの「野々(のの)」は25歳のフリーター。「達郎」という男と同棲しており、パワーストーンの店でアルバイトをしている。≪ 達郎には噛み癖があって、それは遠慮がちな猫の甘噛み程度のものにすぎないけれど
  1. ぱんどら日記    
  2. 2006-09-28 13:20:39  
「いつかパラソルの下で」森絵都
「いつかパラソルの下で」森絵都(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、文芸、三人兄妹、自分探し、モラトリアム 今年(2005年)の4月に発刊、4ケ月後の8月に読んだというのにネットを覗く限り、賛否両論あれど、もはや語りつくされているという感がする本書。つくづ
  1. 図書館で本を借りよう!~小説・物語~    
  2. 2006-08-30 07:41:23  
いつかパラソルの下で [森絵都]
いつかパラソルの下で森 絵都角川書店 2005-04-26家族にも自分にも厳格だった父親。不慮の事故でなくなった彼の1周忌を前にして、明らかになった彼の「秘密」。何も知らなかった父の本当の姿を探そうとする、3人の兄妹たちの物語です。初手から「きゃー!」と思い、「え~
  1. + ChiekoaLibrary +    
  2. 2006-08-28 18:54:42  
絆の重さ
家族とは人にとって、とても大きな存在である。今現在に存在するのかどうかを別にすれば、誰にでも必ずいつかは何処かで存在していたはずの者達、それが家族である。当然のことながら、小説や映画、いや、それよりもテレビドラマの題材として多くの物語が...
  1. 活字の砂漠で溺れたい    
  2. 2006-08-27 18:08:19  
■ いつかパラソルの下で 森絵都 
いつかパラソルの下で森 絵都 角川書店 2005-04-26by G-Tools本人は大真面目なんだけど、傍から見るとそこがどうにもこうにも面白い。最初は微笑ましいという程度なんだけど、何度も「クスッ」を繰り返しているうちに、腹を抱えて大笑いしたくなってしまう。でも、本人は大
  1. 本を読んだら・・・by ゆうき    
  2. 2006-08-27 12:37:32  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。