ぶっき Library... ホワイトアウト (真保裕一)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

ホワイトアウト (真保裕一)

この作家はお初です。

おもしろうございました。大型アクション&サスペンスとしては理想的な仕上がりかと。

周到で緻密な設定、予断を許さないストーリー展開。キャラはそんなに立ってませんが、この手の小説として不足はありません。

感心したのは、主人公の描き方。超人的な活躍を見せますが、作者はあくまでも彼の弱さを追い続けます。このパターンって、途中で破綻しがちなんですよ。人並みに弱くて愚かな人物だと思って感情移入しながら読んでいたら、ある時点で唐突にスーパーマンになって読者は置いてけぼり、みたいに。
でも、真保裕一は最後までたずなを緩めません。主人公の迷いや葛藤が丁寧に織り込まれていて、最後まで感情移入が切れませんでした。お見事です。

この手の作品にありがちなご都合主義もほぼ押さえ込まれています。思い当たるのは、主人公の底なしの持久力及び適確すぎる状況判断に、某脇役が犯行に加わった動機ですが、少なくとも読書中に隙間風が吹くような不自然さは感じませんでした。物語は周到かつ注意深く構築されています。

映画版を随分前に観て、そのときは後半激しく失望しましたが、原作は別次元。映画ではヒロインを松島奈々子が演じていて、小説を読みながら彼女の面影が何度か浮かびました。主人公役の織田裕二の顔は浮かばなかったな・・・
whiteout.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

  1. 2006-08-04 20:53:01
  2.  その他の作家
  3.  |
  4.  Trackback(3)
  5.  Comment(4)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

kohakuさん、こんにちは
カスタマイズといえば、確かにオリジナルのテンプレートなのですが、技術的に難しいことはしてませんから、大したことないです。盛りだくさんにすると、動作が重たくなりすし・・・
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-08-12 22:51:22 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
たとえあまりにメジャーな本だったとしても(決していやみではありませんので(汗))こちらで真保氏の本拝見できるとは(涙)それもなにやらよさげな印象の感想.....ですよね?
真保氏、一時の出版ペースはなくなった様な気もしますが、しかし今でもコンスタントに本はだしているような、でしようか。今年は彼の著書『繋がれた明日』も映像化(テレビドラマ)していました。これも原作を超えたかどうかは・・・・・
ところで乃太朗さんは面食いなのでしょうか??だとしたら勇気がおありといいますか、う~ん不細工な私としてはコメント控えようかあ。(笑)
p.s
遅ればせながら、念願の移転おめでとうございます。新たな乃太朗さんブログ楽しみにしています。と言いますか既に楽しんでますが。(笑
ところで乃太朗さんはいろいろなカスタマイズご存知のようですね。......あんぽんたんな私にその知識分けて頂きたい。ボソッ。
  1. kohaku  
  2.  
  3. 2006-08-12 12:01:25 
  4. #GjY9NVkY 
  5. [ 編集]
yoriさん、コメントありがとうございます
いやいや、いい本をご紹介いただきました。映画の印象を引きずっていたので、全然読むつもりなかったから。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-08-06 23:11:18 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
乃太朗さん的には、破格の高評価とお見受けいたします 笑 私も真保さんの他の作品には馴染むことが出来ませんが、これだけは別格です! この作品は良いと思いました!!
  1. yori  
  2.  
  3. 2006-08-06 20:44:04 
  4. #OpjOh/wQ 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/285-b847212b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホワイトアウト「真保 裕一」
そう、僕が彼を始めて見たのは、映画館のスクリーンでした。当時、私は十代後半で、彼...
  1. K's Labo    
  2. 2007-05-17 22:03:26  
ホワイトアウト 真保裕一
ホワイトアウトこの本は活字の砂漠で溺れたいのyoriさんにオススメいただきました。ありがとうございました。■やぎっちょ書評真保裕一さん2冊目。前回は「奪取」を読みましたが、どうやらこの本が有名作品らしいのでチャレンジしてみました。舞台は奥遠和(新潟?...
  1. "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!    
  2. 2007-03-17 19:12:11  
ライバル痛み分け
このブログでも、過去に何度も取り上げては応援している我らが東野圭吾と同様に、実績と人気と世間の評価の割には、直木賞というビックタイトルから見放されている作家に、真保裕一という人がいる。東野圭吾と真保裕一はライバルとして、もしくは同士として....
  1. 活字の砂漠で溺れたい    
  2. 2006-08-06 20:41:28  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。