ぶっき Library... 平成マシンガンズ (三並夏)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

平成マシンガンズ (三並夏)

史上最年少15歳で文藝賞を受賞した作品。もっとも、青田買い路線を推進する文藝賞における史上最年少にどのくらいの価値があるのか?

15歳にしてはよく出来ている(ような気がする)けど、それを考慮からはずしてしまうと物足りない、なんて月並みな感想、読まなくても言えてしまいそうな感想を書くのは美意識(?)に反するのだけれど、結論はそんなところ。

「やるな!」と感じたのは、主人公の疎外感と疎外されていくプロセスで、臨場感がある。いや~な感覚がこっちにも届いた。15歳でこれが出来るというのは、随分達者だと思う。

キャラ造形とかストーリーテリングは、プロの作家の作品としては弱点になるのだろうけど、作者の意志は伝わってくるし、破綻は感じない。

一味違うのは、この小説に描かれている主人公の内面の変化は、一般的な見方をすれば成長なのだけれど、主人公も作者もその変化を肯定的に捉えていない、という点。大人の作家なら“成長に伴う甘酸っぱさ”的な化粧を施しそうだけど、執筆時点で中学生であった三並夏は、苦痛を伴う戦いとして息苦しく描いている。
そのことは、マシンガンという喩えともども、作者の幼さ(過渡的な精神状況)を表しているから、突っ込みどころになりうるけれど、わたし自身は等身大(作者-主人公)の感覚を好ましく感じた。変に背伸びされるよりよっぽど良い。
かつて森田公一が歌ったように「青春時代が夢なんて、後からほのぼの思うもの、青春時代の真ん中は、胸に刺射すことばかり♪」なわけで、なっちゃん(?)は今まさに青春の真ん真ん中!

物足りないのを承知の上で(他のプロフェッショナルな作家さんたちと比べて)、ミーハー的な興味から手に取った。そういう本にこまごまと突っ込んでいたら心がすさんでくるので(笑)、いいと思った点を重点的に記述したけど、結論は冒頭の通り。
heiseimachineguns.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

  1. 2006-07-30 19:16:38
  2.  その他の作家
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(4)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

北野卵さん、コメントありがとうございます
誤解があるといけないので、記事に終わりにフォローの文を追加しましたが、わたしも基本的には物足りなかったです。それを前提に、自分なりに美点と感じられる項目を拾ってみました。たぶん文章にも触れるべきなのでしょうが(15歳にしては読ませる、みたいに)、割愛しました。

年齢はかなり関係あると思います。
綿矢さんの『インストール』なんかも同じですが、この作品は、設定とかストーリーは手堅く無理をしないで、主人公の自意識をいかににじませるか、で勝負しています。
書き手の強い自意識は、年齢を含めて立場が近い読者には、共感にせよ反発にせよ強い反応を生み出すけど、立場が離れた読者はそんなに神経質にならないと思います。むしろ、好き嫌い関係なく、自意識が伝わる形で表現されていれば〇、みたいな。
北野卵さん問いに対する回答として適切かどうかは分かりませんが・・・
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-07-31 06:56:08 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
すのさん、こんにちは
わたしは、作品と作家を切り離して捉えない読者ですね。小説に限らず、あらゆる文章に対して書き手を意識します。
ただし、文章から書き手を洞察するのであって、読み手に関する先入観を持って文章に向かう、ということではないつもりです。

これはわたしの場合で、作品と作家を切り離して読む方は多いようですね。ブログを拝見すると、すのさんも、切り離して読まれるようですね。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2006-07-31 05:59:03 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
うーん
 
 >マシンガンという喩えともども、作者の幼さ(過渡的な精神状況)を表しているから、突っ込みどころになりうるけれど、わたし自身は等身大(作者-主人公)の感覚を好ましく感じた。変に背伸びされるよりよっぽど良い。
 なるほど。年配の方から見れば、そう見えるのですか。私は単に「物足りない」としか思えなかったんですよね。どうしてだろ? やはり、年が近いから変な反発があるのだろうか? それとも、三並さんの書きたかったことに私が価値を見いださなかっただけなのか? ……単に嫌いなタイプの内容だっただけかもしれないけど。
 かなりどうでも良いですけど、原稿用紙百枚ほどしかないのに、千円も取るのはどうかと思う私は小市民。
  1. 北野卵  
  2.  
  3. 2006-07-30 21:48:22 
  4. #- 
  5. [ 編集]
ちょうど
「12歳が<書いた>連続殺人ミステリー」を読了したところです。
作品と作家は、切り離せないのでしょうかねぇ?
  1. すの  
  2.  
  3. 2006-07-30 21:14:42 
  4. #mLrVhXOU 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/284-de3b446b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「平成マシンガンズ」三並夏
「平成マシンガンズ」三並夏(2005)☆☆☆★★※[913]、国内、現代、小説、文芸、中学生、家庭、文藝賞、15歳受賞※すこしネタバレあり。でも文芸小説だからネタバレしても問題ない?未読者は注意。だから、何?というのが読了後の正直な感想。あたしが絵画コンクールで入賞
  1. 図書館で本を借りよう!~小説・物語~    
  2. 2006-07-30 21:12:39  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。