ぶっき Library... 天空の蜂 (東野圭吾)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

天空の蜂 (東野圭吾)

デビューから10年目、1995年に発表された大作。大型社会派サスペンスとでも申しましょうか。この人の作品の中では異色と思われますが、3年がかりで書き上げられた渾身の作であり、東野作品の中で最も好きな作品の1つです。
そりゃあ、この作家らしさを追求するなら『白夜行』でしょう。『天空の蜂』は、編み目の揃ったディテールは“いかにも”な仕上げの良さだけど、東野圭吾らしさという意味での純度は落ちます。でも、個人的に、読んでいてテンションが上がるのはこっち。

かなり分厚い作品で、原子力発電所に自衛隊の大型ヘリを落下させることをネタに日本政府が脅迫される、という大掛かりな設定です。作品の中で経過する時間は10時間ほどで、これを一気に読まされてしまいます。密度の濃い緊迫感が味わえます。

この作家らしく、冒険とかスペクタクルよりは、犯人探しや駆け引きの面白さに軸足が置かれていて、その方向で読み応えがあります。理知的で抑制されたタッチゆえに、大掛かりなわりにパワー感は控え目。スペクタクルなシーンは少ないし、ド派手な演出ではありませんが、見世物っぽいケレン味が乏しいぶん(というか、それに頼っていないぶん)、リアリティは高いです。男のドラマとしての味付けもあって、ぶっちぎりのヒーローはいませんが、みんな何気にかっこよくて、手ごたえに不足はありません。

原子力発電に正面から深く切り込んでいて、社会派臭が強いです。それ抜きでも楽しめますけど。ところどころ記述が専門的に過ぎるのは欠点ですが、ウザければ流して読んでも問題ないし、とりあえず作者の勉強量に感心します。
テーマについての受け止め方は人それぞれでしょうけど、通り一遍に扱っていないのはこの人らしいです。いいとか悪いとか言う前に、まず我がこととしてちゃんと考えようぜ、というところでしょうか。


ところで、この作品に取り組んでいた時期を、東野圭吾はこんな風に振り返っています。
「焦ったときには遅かった。私の名前は読者にとっても評論家にとっても新鮮なものではなくなっていた。自分では力作を書いたつもりでも、はじめから注目されていないのだから、話題になりようがない。『天空の蜂』という作品を3年がかりで書いたときには、ペンネームを変えることさえ本気で考えた。
思えば作家になって一番辛い時期だったかもしれない。辞めたいとは思わなかったが、どうしていいかわからなかったのは事実だ。」

この作品の“らしくない”ところに迷いが表れているのかもしれないけれど、心に期するものが伝わってくる力作ではあります。
tenkuxhati.jpg
  1. 2006-07-13 00:18:04
  2.  東野圭吾
  3.  |
  4.  Trackback(2)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/273-07025fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天空の蜂「東野 圭吾」
皆さん、原子力発電所についてどんなイメージをお持ちですか? 「無くてはならないも...
  1. K's Labo    
  2. 2007-05-18 22:48:04  
東野圭吾『天空の蜂』
本日の一冊は、東野圭吾『天空の蜂』。 奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が
  1. 坂本総合研究所    
  2. 2007-01-08 12:44:34  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。