ぶっき Library... 誰もわたしを愛さない (樋口有介)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

誰もわたしを愛さない (樋口有介)

柚木草平シリーズ第4弾。
このシリーズは現在5作品で、このブログでは第1弾『彼女はたぶん魔法を使う』、第2弾『初恋よ、さよならのキスをしよう』が既出。順番通りだと第3弾『探偵は今夜も憂鬱』に行くはずですが、これは中篇集で、長編好きのわたしとしては、あっさりとスルーさせていただきました。
ちなみに、第1弾、第2弾とも絶版だそうで、巷では不人気シリーズのようです。世間はこの作家に冷たすぎるような・・・

奇しくも援交ネタで、女子高校生の援交がらみの事件に柚木草平が挑みます。
前回アップした『ラブ&ポップ』(村上龍)の発刊が1996年で、本書は1997年。1996年の流行語大賞に「援助交際」がトップテン入賞しており(他に「ルーズソックス」「チョベリバ、チョベリグ」「アムラー」も入賞)、そういう時代背景が多少は影響しているのか(現在ではありふれた題材ですが・・・)?

モテるけど女に弱い柚木草平が主役のライト感覚ハードボイルド、という既定の路線に乗っかっています。ここでも、念入りな女性の描写、ハードボイルド調のリズミカルな会話が目を惹きます。

ただし、全体から受ける印象は過去に読んだ2作品と比較して、濃くなっている感じ。主人公による一人称語りは渋味や鬱の度合いを増しています。また、会話のリズムは軽妙だけど気持ちしつこくて、柚木草平のハードボイルド口調は、過去の2作品では笑える滑稽さの範囲内ですが、この作品では軽く灰汁が出ています。
樋口有介らしさ、という意味では純度が上がっているのかもしれないけれど、第1弾『彼女はたぶん魔法を使う』あたりのバランスの良さ、軽やかさ、爽やかさが後退して、読者を選ぶ傾向が強まっているかも。

柚木草平が惚れる女性より、彼の相棒役の女性の方が活き活きと魅力的に描かれていて(露出が多いせいもあるけれど)、その点では感情移入しにくかったです。

一応ミステリー仕立てですが、このシリーズでは犯人探しが主眼ではありません。今回も、事件としてはしょぼいし、犯人は早い段階で想像できてしまうけれど、事件解明プロセスを骨格として、キャラクターやストーリーテリングの面白さを楽しめます。
darexwatasixaisanai.jpg
  1. 2006-06-21 16:35:45
  2.  樋口有介
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/264-e0e57eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

樋口有介について
樋口有介樋口有介(ひぐち ゆうすけ、1950年12月25日 - )は日本の推理作家。群馬県前橋市に生まれる。群馬県立伊勢崎東高等学校卒。国学院大学文学部哲学科中退後、世界各地を放浪。劇団員、業界記者、青焼工など様々な職業を経てフリーとなる。昭和63年(1988年)『ぼくと
  1. ミステリー館へようこそ    
  2. 2007-02-22 06:56:22  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。