ぶっき Library... ラブ&ポップ トパーズ2 (村上龍)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

ラブ&ポップ トパーズ2 (村上龍)

先日アップした『Deep Love』と援交つながりで読んでみました。実践に向けての下調べ、ではありません(笑)
ちなみに、『Deep Love』は2000年の作品ですが、『ラブ&ポップ』は90年代半ば。

援交女子高校生のとある1日が描かれています。

この作品には作者のあとがきが付いていて、それは「私は、あなた達のサイドに立って、この小説を書きました。」という一文で結ばれています。「あなた達」というのは、執筆に協力してくれた女子高校生たち。
ここでの「あなた達のサイドに立って」は、援交を歪みや乱れと片付けないで、現実を受け容れるところから執筆した、というような意味でしょう。たとえば『阿修羅ガール』(舞城王太郎)の第1章のような、ダイレクトに彼女たちの息遣いを感じさせる筆致ではなくて、『ラブ&ポップ』では媒介者(≒案内人兼通訳)として村上龍の存在が見え隠れします。良し悪しは別にして。

たぶん、この作品のポイントは3つ。

1つ目は、彼女たちを取り巻く時代/風俗の再現。
ファーストフードや渋谷の街角で耳に飛び込んでくる人々の会話、伝言ダイヤルに登録されている伝言の数々、店頭に並ぶブランド品の数々、などが、何ページにも渡って延々連ねられています。個人的にはあざとく感じますが、なかなか効果的。

2つ目は、援交に対する女子高校生たちのスタンス。
普通の、というよりも普通以上に恵まれている女子高校生たちが、罪悪感や恐れはあるけれど、それらを簡単に乗越えてしまえる危うさが伝わってきます。

3つ目は、彼女たち(主人公の裕美をモデルとして)の内面の掘り下げ。
本人の自覚はあやふやですが、その日の出来事を通して、周囲の人や生きることと心の表面でしか関わっていないこと、そのことがゆがんだ渇きとなっているらしきこと、が暗示されます。もちろん本書の最重要ポイント。上手さは感じますが、奇麗事臭いかも。

手際良くドラマに仕立てられているし、大胆な演出が目をひきますが、「小説版いまどきの援助交際レポート」という印象が無きにしも非ず。主人公の裕美に生身な感触が乏しいので、分析や計算が表立って見えてしまいます。

20年ほど前に読んだ『限りなく透明に近いブルー』を除くと、3作しか読んでいないのに、こんなことを言うのは僭越かもしれませんが、この作家は人物造形に際して“形(外側から看取できる要素)”からアプローチする傾向があるようです。だからこそ、いろんなタイプの人間を描き分けられるし、時代とか風俗に熱い視線を注ぐのでしょう。
“形”を整えて終わり、ということではなくて、“形”から内奥に迫っていきます。ただし、踏み込みが甘いと、奥底まで光が当たりきらなくて、よそよそしくなってしまいます。『ラブ&ポップ』にはそんな印象が残りました。
lovepop.jpg
  1. 2006-06-19 08:36:22
  2.  村上龍
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/263-426cdc44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。