ぶっき Library... 鍵のかかった部屋 (ポール・オースター)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

鍵のかかった部屋 (ポール・オースター)

ニューヨーク三部作の第三弾。しんがりです。

前二作は、登場人物が記号的、抽象的に造形されているとか、ストーリーの不条理性がむき出しになっているとか、とんがった作風になっていましたが、『鍵のかかった部屋』は現実的、写実的な人物造形、状況設定、描写になっていて、オーソドックスなスタイルです。密度の高い安定した筆致なので、前二作の印象を引きずって読み始めると意表を衝かれます。なんだ、普通のスタイルでもちゃんとできるんだ・・・みたいな。
ちなみに、三部作はかためて書かれたようなので、腕が上がったとかスタイルが変わったとかではなくて、意識的に使い分けたのでしょう。
ただし、終盤に、前二作を含めたニューヨーク三部作のコンセプトが語り手の口を借りて、というよりも作者自身の言葉で説明されていて、このあたりはやっぱりユニーク。

前二作では、アイデンティティの危機の“かたち”が図式的に描かれていて、危機の内容は(意図的に)掘り下げられていませんでした。『鍵のかかった部屋』では、人物や状況の設定が現実的、具体的であるため、読み手は自然と危機の内容に思いを巡らせてしまいます。しかし、それらの現実的、具体的な諸設定は、多くの手がかりを提供しているようでもあり、同時にリアリティを生み出すための飾り物のようでもあり、結局のところ、作者が執着するところのアイデンティティの危機の実相ははっきりとしません。

思うに、オースターの狙いは、彼が取り組んでいるアイデンティティの危機の所以を明かさないままに、虚構の力を借りて、危機の種類と、それに翻弄される感覚を描出するところにあるのではないでしょうか。
そうだとすると、衣装は違えども基本的なコンセプトは前二作と同じ、ということになりそうです。

ところで、これは前二作にも通じることですが、けっこう不用意に癖の強いキャラを使っているので、テーマに関わる部分と作者のアクの部分の境界が不分明になっていて、紛らわしいです。ただし、これを欠点ととるか、個性と見るかは微妙かも。
kagixkakattaheya.jpg
  1. 2006-05-03 11:10:35
  2.  海外の作家
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/229-ae6f2f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。