ぶっき Library... コインロッカー・ベイビーズ (村上龍)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

コインロッカー・ベイビーズ (村上龍)

コインロッカーに嬰児遺棄された二人の男の物語。成長に伴って二人の中に破壊衝動が頭をもたげ、そのパワーが一人は外に、もう一人は内へと向かう。
この作品の非凡なところは、単にその生き様を描いているというのではなくて、破壊に向かう彼らのパワーを文章の力で表現する、という離れ業に挑んだ果敢さ。
いやいや、逆かもしれない。村上龍自らの破壊衝動を炸裂させることが本来の狙いで、嬰児遺棄はそれをするためのネタに過ぎないのかも。

いずれにしても、言葉とイメージの奔流(ときには濁流?)が無尽蔵なスタミナで放出されていて、この作品の実体は、物語の中身よりも、膨大な文章からほとばしるパワーそのもの。
また、文章は一貫して即物的かつドライで、読者に感情移入を許さないし、作者本人の感情移入も感じさせないから、物語というより、物語形式を用いたパフォーマンス、という色合いが濃い。

ただし、イメージの刺激性や奔放さを極端に優先しているから、物語としてはかなり散漫。この小説は、要するに生後まもなく捨てられて情緒不安定になった人間を描いていて、手堅くまとめたら『永遠の仔』(天童荒太著)みたいになりそうな題材なのだけど、村上龍はこれを確信犯的にグロテスクに誇張しているわけで、だからなるべくしてなっているのだけれど、物語の整合性や説得力という観点で見たら冗漫になっている(と思う)。

ある意味“肉を切らせて骨を断つ”アプローチなので、村上龍のパワフルなパフォーマンスに気持ちよく酔えればアバタはエクボになるし(無茶苦茶なところがイイ、みたいな)、逆に冷淡に読んでしまうとエクボがアバタになってしまいそう。読者の好みが鍵を握るかも。

わたしはというと、おそらく作品発表当時に読むか、あるいは学生時代に読むかしていたら圧倒され翻弄されただろうけど、今はわりと冷静に読めてしまった。
この文章を凄いと感じつつも、村上龍の影響を受けたのかもしれない幾多の饒舌体に触れた今となっては、翻弄されるには至らない。また、この作品の暴力や同性愛なんかは現代でも十分に通用すると思うけど、しかしもはや衝撃的でも刺激的でも無くなっている。
この作品と村上龍の非凡さを受け止めつつも、物語の散漫さ冗漫さゆえにところどころ流しながら読んだし、興奮を持って読み終える、なんてことは無かった。
coinlockerbabies.jpg
  1. 2006-05-03 00:46:05
  2.  村上龍
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/204-d2c57389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。