ぶっき Library... 1973年のピンボール (村上春樹)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

1973年のピンボール (村上春樹)

長編としては2作目。

デビュー作の『風の歌を聴け』は大変魅力的な作品でした。2作目も似たタイプにする余地はあったと思いますが、この作品では新たな一歩を踏み出しています。つまり、ありのままを語っただけの『風の歌を聴け』に対し、『1973年のピンボール』ではストーリーテリングが試みられています(小説だから当たり前ですが)。
ただし、全体にチグハグな印象。仕掛けが上手く噛み合っていないと感じました。

「僕」による一人称語りと鼠を描いた三人称語りの二本立てになっています。一人称語りが『風の歌を聴け』に通じる魅力を放っているのに対し、三人称語りの方はそれと対比させるように突き放したようなクールで簡潔な文体が選ばれていますが、この三人称語りはぶっちゃけつまらないです。三人称語りが下手ということではないと思いますが、あまりにも普通と言うか、村上氏の文章を読む楽しみは味わえませんでした。

「僕」による一人称語りの方は、らしさは感じられるけれど、物語や人物を作り過ぎていてスベリ気味と感じました。
肝心のピンボールマシンを巡る物語は喪失感を象徴的に描いているようですが、ピンボールマシンにしゃべらせたりとかの仕掛けはあるものの、「僕」の思い入れに同調するまでには至りませんでした。というか、ピンボールマシンを用いたことでかえって迂遠になっているように感じました。身近な物事を説明するのに、身近でない喩えが用いられているようなもどかしさがあります。作者にとってピンボールは身近な存在なのでしょうけど、身近に感じられない読者はいっぱいいるわけで、そういう読者を巻き込む仕掛けが欲しかったです(もっともそういうサービスをしないから村上春樹なのかも・・・)。
双子の女の子たちは完全にお飾りで、「僕」と彼女たちとの会話は雰囲気だけ。また、事務所の女の子はそれなりに存在感はあったけれど、とりあえず出してみました的に中途半端。まあ、本筋に関わりの薄い登場人物たちなので、作者は彩りと割り切って扱っているのかもしれません。でも、他の作品の彩り的登場人物たちと比べてもずいぶん薄っぺらく感じられます。

決して凡庸な作品ではないし、この作家の魅力は味わえますが、いろいろな仕掛けが狙い通りの効果を発揮していないと感じました。
1973nenxpinball.jpg
  1. 2006-05-03 00:42:41
  2.  村上春樹
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(1)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

その4
うーんやはり人それぞれですね。
私は「ピンボール」というのは結構いいな、と思ってしまいました。書いてあることはきっと全部想像だとしても(くだらないピンボールの説明部分は好きな個所の1つです)、「あざとい」と思うほど、いい選択だと思っていたのですが、私一人のの思い込みだったようです。
双子については「誰も自分を理解してくれない、というのが村上春樹のテーマの1つなら、双子はお互いのことが理解できる象徴的な存在か」とあるとき思って、思い付きよりももっと意味のあることなのかな、と考えてしまいました。
  1. bookbath  
  2.  
  3. 2007-04-10 00:11:56 
  4. #- 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/199-4a3f8e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1973年のピンボール
1973年のピンボール 村上春樹著『風の歌を聴け』の続編で、青春三部作の二部目。『風の歌を聴け』を読んでから、だいぶたつ。一年以上はたっている。読んだ直後くらいにこの本を購入していたはずなので、その間部屋の中で積み上げ
  1. slowly but surely    
  2. 2007-02-22 23:51:52  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。