ぶっき Library... 風の歌を聴け (村上春樹)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

風の歌を聴け (村上春樹)

現時点まででは『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』と『ダンス・ダンス・ダンス』を村上氏の創作力の頂点と考えていますが、これらに迫る魅力を感じさせてくれるのがデビュー作『風の歌を聴け』です。

この作品には内的にも外的にも展開らしきものがなくて、描かれているのは基本的に気分とか雰囲気とかノリとか世界観。
もう少し理屈っぽく言うと、この作品では対象との距離感ということがテーマになっていて、語り手と対象(他人とか人生とか世の中とかあらゆるもの)との距離感(実質的には作者と対象との距離感)を浮き彫りにするのが主眼なので、別に物語を展開させる必要は無いし、むしろ展開させない方が目的を効果的に果たせそう。奇妙なテーマのようだけど、おそらく村上作品の底流にある基本テーマの1つで、この作品ではそれが端的に扱われています。

ドラマとしての楽しみはありませんが、話をでっち上げる必要がないぶん作者の美意識とか感性がダイレクトに投影されていて、文章の浸透力は水際立っているし、その雰囲気は軽やかだけど濃厚です。
登場人物たちにキャラと言えるほどのものは無くて、作品世界を構成する主要パーツとして存在感だけが与えられています。どんな人間で何を考えているのか分からないしちょっと作り物っぽいけどやけに存在感がある、という人物の描き方は以後の作品にも引き継がれていますが、以後の作品を知った今でも『風の歌を聴け』の人物描写は新鮮です。

長編としてはこじんまりしているし村上氏の持ち味の一部しか発揮されていないけど、作品単独としての洗練度はかなり高いし、文章の純度や浸透力の点で傑出していると思います。久しぶりに再読したけれど、褪色をまったく感じませんでした。

村上氏の長編小説の中では、物語の構築性では『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、内面のシリアスな描写では『ダンス・ダンス・ダンス』(ただし序盤のみ)、美意識とか感性の魅力では『風の歌を聴け』、というのがわたしの中での御三家です。

《ささやかでひとりよがりな補足》

この作品はデビュー作だけに村上氏のスタイルの原型があると思います。なので、わたしなりの読み方・感じ方をご紹介しておきます。

第一章がこの作品の取扱説明書になっていて、この作家らしく几帳面(笑)

第一章によると、文章を書くということは「自分と自分をとりまく事物との距離を確認すること」であるけれど、「認識しようとつとめるものと、実際に認識するものの間には深い淵が横たわって」いて「その深さを測りきることはできない」とあります。
哲学者とか心理学者なら理屈でこの「深い淵」を乗り越えようとするのかもしれませんが、作家=表現者である村上氏は「深い淵」をそのままに、すなわち認識を超えた状態のままで描こうとしています。言い換えれば、「深い淵」の存在感は示すけど、存在自体は描かれていません。

このスタンスは『風の歌を聴け』限定ではなくて、村上氏の創作姿勢の根底をなしていると考えます。村上作品を読んでいると、説明不足、脈絡が無いなどとしばしば思わされますが、なるべくしてなっていると言えそうです。

頭脳に自信のある読者はそうした「深い淵」に説明を加えたり脈絡をつけようとしがちですが、作品を鑑賞するという意味では作者の「深い淵」の表現を楽しむことが先決です。
実際、認識を超えたものの存在感は示すけどそれ自体については語らない、というのはかなり難しいことで、ある意味作家の究極の目標の1つでもあることで、作家はそこに心血を注いでいるわけです。

作者が「ただのリストだ」と第一章で断っているように、物語として作りこまれていないこの作品では、一夏を舞台にさまざまな「深い淵」が列記されています。というか、「深い淵」自体は正体不明なので、いくつあるのか分からないですけど・・・

だから、描かれていることよりも、存在を感じるけれど描かれていないこと、に軸足を置いて読むのが作者の望む読み方だと思います。こう書くとクイズかロールシャッハ・テストみたいですが、要するに「深い淵」の存在を感じればいいのだと思います。ひたすら感じて、その感覚を自分の内部で消化する(昇華させる、ではない)。
たとえば、「僕」と登場人物たちの会話、過去に付き合った女の子たちとのエピソード、鼠の小説のストーリー等には他人との間に存在する「深い淵」が感じ取れるし、無口であった「僕」の少年時代等の過去エピソードのいくつかには人生との間に存在する「深い淵」が感じ取れる、という具合に。
というか、誰でも読めば感じ取れると思うので、感じていることを意識する、と言うべきでしょうか。

「深い淵」の存在を甘受する作者の姿勢に不満を感じる読者がいるかと思いますが、これまた第一章で作者が断っているように、この作品はごく個人的な文章であり、普遍的なテーマは追求されていないので、多くを望むなってことだと思います。
しかし、ラジオのパーソナリティに「僕は・君たちが・好きだ」と語らせているあたり、決して無気力なわけでは無さそうですけど。

以後の作品はもっと複雑な構造になっているのでこの読み方だけでは通用しなくなりますし、わざと曖昧に表現するというようなあざとさも出てきますが、根っこにある創作姿勢は共通していると思います。

補足のつもりが、本文より長くなってしまった・・・
kazenoutaxkike.jpg
  1. 2006-05-03 00:41:42
  2.  村上春樹
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(3)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

即物的に村上春樹を読む
即物的に村上春樹を読む。
なかなかそういう読み方をして村上春樹を好む方(もしくはそういう読解力を持っている方)は少ないのではないかと思っています。
ただその即物さのおかげで随分と作品がクリアに見えるので、ひねもじらさんの書評は読み方は違うものの大変参考になりました。
作家の一貫性については、改めて読み直すほどに、同じテーマについて書いているな、と感じます。しかし、より筆が鋭く豊かになりながらさらにテーマを増やしている様子は、さすがだなと感心しています。
まぁ、ここ最近の長編2作はちょっとどうかな、と個人的には思っていますが。
  1. bookbath  
  2.  
  3. 2007-04-10 00:28:16 
  4. #- 
  5. [ 編集]
bookbathさん、コメントありがとうございます
どうやら、わたしの読み方&文章は即物的で、かつ曖昧さを嫌う傾向が強いようで、ときどき物珍しい切り口を提供させていただいているかもです。

村上春樹作品の記事は、意図的に踏み込んで書きました。根底にあるのは作品への愛着ですが、ささやかな野心もあって、人気作家にもかかわらず世上での作家観・作品観のブレが極端に大きいようなので、他の記事より一歩踏み込んでみました。とはいえ、わたしが読み取ったこと感じ取ったことを整理した文章に過ぎなくて、ひとつの観方に過ぎないわけで、少しでも刺激にしていただけたなら本望です(笑)

はじめてこの作品を読んだときは、わたしも「思わせぶりな表現の羅列」に近い印象を受けました。わたしの場合、『ダンス・ダンス・ダンス』の記事に追記している経験が引き金となって、読み方が一変しました。

この作品の第一章で村上春樹はギリシャ悲劇に言及しています。そして、23年後に出版した『海辺カフカ』ではギリシャ悲劇をプロットに組み込みました。こんなところにもこの作家の一貫性を感じます。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2007-04-08 20:19:39 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
その1
いくつか書評を読ましていただき、ぶれのない言葉の選択と、焦点を絞り的確な作家の意図の把握に感心してしまいました。
とくに村上春樹については、すべて興味深く、自分が読み落としたらしいことも拾い上げまとめられていて、作品の理解が深まりました。
こんなブログはなかなか他では拝見することができませんので、嬉しいついてでにいくつかコメントを書かしていただきます。的外れでしたらすいません。

個人的にはこの作品の印象は「思わせぶりな表現の羅列」と思っていましたが、ひねもじらさんの書評を読み、改めて読み直し評価が変わりました。
ひねもじらさんと私では評価のポイントが違っているので、「まったくその通り」というわけにはいきませんでしたが、ある種の心理状況をうまくあらわしているのは確かです。
そこにポイントを置くと、確かに凡庸な作品ではありませんね。
処女作なので「それはないだろう」という部分もいくつかありましたが(ラジオは必要だったのでしょうか。前読んだときはよかったのですが、今回は作者の心情がぽろっとでたようにみえてしまいました)、作家のスタンスは今でも一貫していますね。
  1. bookbath  
  2.  
  3. 2007-04-07 00:01:35 
  4. #- 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/198-c0557124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。