ぶっき Library... 模倣犯 (宮部みゆき)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

模倣犯 (宮部みゆき)

とても分厚い大作ですが、全体的な印象は“過ぎたるは及ばざるが如し”。社会派ミステリー作家として、ひとつの犯罪を足がかりにして、社会のありようを細大漏らさず描き切ろう、という気合とかこだわりには敬意を表しますし、それをやり遂げた筆力は凄まじいと思います。
しかし、物語の本筋から隔たっている人物や些細に出来事について延々と描写されても、話のテンポは停滞するし、説明的で散漫な印象になります。
焦点を当てる人物が変わるたびに、同じ出来事が反復描写されることにも閉口しました。視点は変わりますが、新鮮味無く、概ね反復されるだけ。読むことの徒労感はかなりのもの。

また、この作家の人物の描き方には良く言えば優しさ悪く言えば甘さがあって、これが宮部ワールドと言われたらそれまでですが、入念な描写のわりにインパクトとか手ごたえは薄いです。
それに、いくら社会派ミステリー作家とはいえ、〇〇な環境にあれば〇〇な人間になる、みたいな単純な人間観は浅薄に感じられます。

膨大な分量のわりに物語はシンプルだし、さしてドラマティックでもありません。登場人物の掘り下げに力点が置かれているせいか、刺激的な展開よりも現実味や堅実さが重視されているようです。しかし、要所要所では巧みな演出。
mohohan.jpg
  1. 2006-05-03 00:32:13
  2.  宮部みゆき
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(2)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

chiroさん、コメントありがとうございます
確かに終盤の追い込みは良かったですね。でも、自分の感想を読み返してみると、その点には触れてないですね。そこに至るまでのしつこさに対する不満がはるかに上回ったのでしょう。
小説は映像やコミックと違って早送りしにくいですから・・・
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2007-09-01 14:06:39 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
はじめまして。
ビーケーワンのTBから来ました。

宮部さんて、同じことを何回か書いていることが多いですよね。
本人も書いて説明しないと不安なんだとどこかのインタビューで話していたのを読んだことがあります。
この作品でもちょっとそれが多かったですよね。
私もちょっと疲れました(苦笑)。

でも、下巻の後半あたりから一つの出口というか終わりへ向けてまとまっていく様は凄いですね。
グイグイ引きこまれていきました。
  1. chiro  
  2.  
  3. 2007-08-29 16:24:36 
  4. #4XSQM1xI 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/184-25572f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「模倣犯(上・下)」宮部みゆき
「模倣犯(上・下)」宮部みゆき小学館2001-03勝手に評価:★★★★★ 公園のゴミ箱から発見された女性の右腕、それは史上最悪の犯罪者によって仕組まれた連続女性殺人事件のプロローグだった。比類なき知能犯に挑む、第一発見者の少年と、孫娘を殺された老人。そして被害者宅
  1. Chiro-address    
  2. 2007-08-29 16:28:45  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。