ぶっき Library... 告白 (町田康)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

告白 (町田康)

《渾身の作品》
これは渾身の作品なんでしょうね。主人公の熊太郎がかなりデフォルメされているとしても、ここまで踏み込んで描けるのは、町田康自身がいろんな意味で熊太郎と被っているからだろうし、落語風の笑える語り口に紛らわされているけれど、熊太郎の心を容赦なく切り刻む作者の手元から執念が臭い立ってくるようで、本質的には自虐的なまでに己を追い詰めた果ての作品と感じます。
斯く言うわたし自身、多分に熊太郎的特質を持ち合わせていて、後半はさすがにそのアホッぷりに呆れたけれど、確かに個々のエピソードはお馬鹿だけれど、そこで描き出される心理はリアルに実感できました。
この作品は、作り話として突き放して読んでも楽しめると思うけど(ただし、しつこく感じるかも)、内面的に追体験しながら読める読者と、そうでない読者では、感じることが違うような気がします。
3作目にして僭越かもしれないけれど、この本を読んで、町田康が実感できたと言うか、少なくとも、この人を表現に駆り立てるうねりを生々しく感じ取れました。

《古典的でシンプル》
俗に町田節と称されるユーモラスな語り口とシュールな味付けは独特だけど、仕立てとしては、一人の男の精神の彷徨が描かれた、古典的でシンプルな文学作品。このノリとしつこさに親和できるか否かは別にして、至って分かりやすい作品。

《テーマに関わるブレ》
分かりやすいのだけれど、テーマに関わる部分に若干のブレを感じました。熊太郎が思弁的である(=考えが言葉にならない)のは、手持ちの言葉(=明治期の河内の百姓言葉)では表現できないこみいったことを考えているから、と説明されているけれど、数々のエピソードは必ずしもこれに即していない。エピソードを追う限りでは、熊太郎がストレートに振舞えない原因は、言葉の貧弱さとは別のところにあって、それのために人との関わりに障りが生じているみたい。熊太郎が獅子頭の内側で認識した闇≒虚無は百姓言葉の貧弱さではないだろうし、最後の最後に己の心の底を探ったとき、言葉だけでなく思いすらも見つからなかったわけで...
気になったというか、紛らわしく感じたから指摘したけど(実際、某評論家は作者の誘導に沿って「近代的な自意識のドラマ」「日本近代文学史の陰画」と評している)、この作品の感銘を損なうものではない、と思います。

《葛木兄弟の謎》
たぶん読んだ人の多くが、葛木モヘア&ドール兄弟の扱いにひっかかったと思います。町田康はなぜこうしたのか?真意は分からないけど、わたしは肯定的に捉えています。というのは、この兄弟を実在させてしまうと、安直にトラウマ小説として読まれてしまう危険があるから。原因が分からないから闇≒虚無なのであって、つまり分からないことに意味がある、と読めました。

《文体》
『浄土』の記事と被るので文体には触れませんが、絶好調、と感じました。終盤にかけての語り口調の変化も見所。
kokuhaku.jpg
  1. 2006-05-02 09:34:41
  2.  町田康
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/173-ab1b75dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。