ぶっき Library... 阿修羅ガール (舞城王太郎)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

阿修羅ガール (舞城王太郎)

全文ネタバレです。

三島由紀夫賞受賞作だそうです。文壇の賞には疎いのですが、この作品は純文学路線っぽいです。
過去の作品でも内省的な要素は色濃いですが、ミステリーと抱き合わせでした。この作品にはミステリーの要素は無くて(事件は起こるけど)、女子高校生アイコの臨死体験を通じての内面の成長ないしは変化が描かれています。

アイコの臨死体験前後のコントラストをどこまで鮮やかに演出できるか、が重要なポイントと思います。
第1部が臨死体験前、第2部が臨死体験そのもの、第3部が臨死体験後という構成ですが、第3部がいささか不完全燃焼気味。おそらく、第1部、第2部と高いテンションで畳み掛けて、ラストの第3部は一転して穏やかかつ爽やかに〆るという構想でしょう。構想としては“あり”なのでしょうが、第3部は説明的だし生硬さを感じました。心境の説明で終わらせないで、エンディングに相応しくグッと来る場面を設定して欲しかったです。それと、第2部の解説を第3部でやっているのは興醒めかも。解説無しで演出で表現するのが小説だと思います。

第2部も物足りませんでした。『崖』『森』『グルグル魔人』の3つの章からなっています。気になったのは『崖』を除く2つの章。
『森』は、それ自体は迫力があったけど、他の章とのつながりをもっと効果的に演出して欲しかったです(人物はつながってるんだけど)。臨死体験の1つにこういう残酷童話的な場面を設定する発想は面白いと思いますが、かなり浮き上がり気味。何かのアイテムやイメージを第1部に伏線として仕込むなどの仕掛けがあれば、さらに効果的になったと思います。
『グルグル魔人』では猟奇殺人犯の扱いの弱さが気になりました。この人物はアイコの内面の成長ないしは変化に大きな影響を及ぼしたはずですが、アイコとの相克がキッチリ描かれていないので盛り上がりません。第3部の説得力不足の原因にもなっています。ここでは駄目押し的に盛り上げて欲しかったです。そうすると、第3部の入りも効果的になったと思います。

新生アイコの導き手である桜月淡雪という人物の扱いも弱く感じました。重要な役回りでありながら、役作り不十分なまま舞台に飛び出してきたような中途半端さ。滅茶苦茶浮いてました。

第1部と第2部第1章の『崖』はこの作家らしくパワフルで直線的な筆致を堪能できます。
わたしは女子高校生の心理に詳しくありませんが、同じ時期に金原ひとみ氏の『アッシュベイビー』を読んだせいか、第1部のアイコのトークはごく自然に感じられました(第3部になると理屈っぽくなりますが・・・)。第1部のためだけでもこの本を手に取る価値はあると思います。
第2部の『崖』ではこの作家の豊かなイマジネーションを楽しめました。

全体としてはぎこちなさが目につきますが、新たな一歩を記した作品ということでしょうか。
ashuragirl.jpg
  1. 2006-05-02 09:30:31
  2.  舞城王太郎
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/167-5ef94cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。