ぶっき Library... 大誘拐 (天藤真)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

大誘拐 (天藤真)

原作を読む前に映画を2回観ていました。映画が面白かったので期待して読みました。映画『大誘拐』は、ストーリーのみならず雰囲気まで原作に忠実だったようです。
ストーリーをうっすらと覚えていたのでところどころじれったさを覚えましたが、全体としては支障なく楽しめました。

読者には犯人側の手の内が完全に提示されます。読者を牽引するのは犯人探しでも、犯人側と警察側の駆け引きでもありません。史上空前の膨大な量の万札をいかなる手段でせしめるかというHowと、なぜ大富豪の老女が率先して犯罪を指揮したかというWhyがポイントです。そして、この部分が入念に作り込まれていて説得力抜群。存分に楽しめました。敢えて言えば、入念さの代償として、Howの部分の放送車やヘリの経路は文書だけでは分かりにくくなっているように感じました。
3人の若者による山村での誘拐事件が、日本全土を揺るがす事件に拡大していく演出の上手さもポイントです。部分的にはハズシ気味(悪乗りか?)に感じられましたが、全体的な盛り上げは効果的。
演出の上手さと奇想天外なトリックがあいまって、わくわくしながら読めました。突き抜けた痛快さがあります。

ユーモラスで温か味のある人物描写も魅力的。作者の温かい眼差しが感じられました。

大富豪の老女の知力・判断力が非凡なのは良しとしても、犯罪捜査や航空などについての専門知識が豊富にすぎるように感じました。ただし、嫌味の無い大人物としての人物像が鮮やかなので、障りは感じませんでした。したたかな知力・判断力と柔らかい和歌山弁(?)がなんともミスマッチで快く感じられました。
daiyuukai.jpg
  1. 2006-05-01 19:25:18
  2.  その他の作家
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/134-8d0e37e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。