ぶっき Library... 図書館の神様 (瀬尾まいこ)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



図書館の神様 (瀬尾まいこ)

《警告》 ボコボコに酷評してます。瀬尾まいこファンの方はご注意を!

読んでて一番イライラするのはディテールに次々と違和感が湧いてくる小説。これはそんな小説でした。

たとえば・・・(ネタバレ)
料理教室での指導方法について真剣に悩んでいる不倫相手に対して、その欠点を分かっていながらアドバイスしないことが正しさとして描かれています。こういう微妙な価値観があちこちに。

たとえば・・・(ネタバレ)
弟の底抜けな優しさの例といいながら、優しさとは関係なさそうな、主人公の性格的な欠点を遠まわしに指摘したエピソードが紹介されます。それとも遠まわしに指摘することが底抜けな優しさということなのでしようか?いずれにしても、こういうアバウトな文章がいたるところに。

たとえば・・・(ネタバレ)
どんなに寂しくても困っていても自分から不倫相手に電話をしたことがないといいながら、たかだか夏目漱石の小説が怖かったくらいで気軽に電話をして、それが破局のきっかけになります。大事なシーンなんですけどね。こんな感じで、演出意図と描かれている出来事が一致していない場面がちらほら。

こんな微妙にズレたような、すわりの悪い場面や描写がいたるところにあって、読み進むほどにモヤモヤが募っていきます。モヤモヤが大きすぎて、中身を味わう気持ちになれません。

この作家、たぶん悪性の天然ボケです。別掲の『天国はまだ遠く』ではそこが微笑ましさにつながっていたけど(浮世離れしたお話なのが奏功したのかな?)、『図書館の神様』ではひたすらにウザイ。空気を読めない人とか異常に飲み込みの悪い人と会話をしているような不快感。
一人称語りなので、この不快感がそのまま主人公への不快感に結びついて、とても感情移入できませんでした。

あと、主人公の人物造形はどうかと思いました。失敗の傷心から屈折気味になっている人物、という設定なのですが、伝わってくるのは頭の悪さとふてぶてしい無神経さです。造形力が設定に追いついていない、と感じられます。

読みやすさとかユーモア感覚の楽しさとかストーリーの組み立て方とか感心するところはあったけれど、焼け石に水でした。

評判が良さそうだから手に取ってみましたが・・・わたしが異常に神経質なのでしょうか?そうかもね。生きにくいわけだ・・・
toshokanxkamisama.jpg
  1. 2006-05-01 16:15:45
  2.  瀬尾まいこ
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/127-07c33a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ