ぶっき Library... 僕のなかの壊れていない部分 (白石一文)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

僕のなかの壊れていない部分 (白石一文)

不遇の幼少期を過ごし、「自分自身より他の存在を愛すること」が幸福への道と考えながら、自己愛の塊のような生き方をしてしまう主人公が一人称語りで描かれています。

出来事に並行して主人公=語り手が理屈っぽく仏教系の哲学めいたものをしきりと語ります。理屈っぽいのは間違いありませんが、理屈の部分がストーリーの流れに巧くはまり込んでいて、意外と煩わしくありませんでした。

癖の強い主人公には好き嫌いが分かれそうですが、先読み困難な危なっかしいキャラゆえに最後まで眼が離せませんでした。関係を持つ3人の女性をはじめとしたさまざまな登場人物たちとの関わりを通して、主人公がいろんな角度から浮き彫りにされていきます。さしてドラマティックな展開ではないながら、主人公のキャラとその行く末に対する興味に後押しされて、ズンズン読み進めました。おそらく理屈の部分を読み流したとしてもそこそこ楽しめそう。

理屈の部分は、いろいろと考えさせられるものはあったけど、どうなんでしょうね。しきりと仏教系の哲学めいた思索が展開されますが、都合のいいところをつまみ食いしている感じでうさんくさいし、それがないとしても論理性が脆弱です。ある程度意図的に主人公を迷走させているようですが、そうだとしても、作者の論理的思考力をどこまで信頼していいのか、心もとなく感じました。
bokuxnakaxkowareteinaibubun.jpg
  1. 2006-05-01 16:13:59
  2.  白石一文
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/124-dce91f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。