ぶっき Library... 三浦しをん

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

まほろ駅前多田便利軒 (三浦しをん)

個人的には、SF・ファンタジー・時代小説以外は挿絵は無い方がいい。文章から何らかのイマジネーションが喚起されるわけで、挿絵はそれの邪魔になることが多い。
SF・ファンタジー・時代小説も同様だけど、作品の世界観がわたしの実生活から大きくかけ離れている場合は、挿絵がイマジネーションの助けになる。

この作品では、各章に下村富美という漫画家の扉絵がついていて、いかにも女性漫画家らしい絵柄になっていて、要するに人物たちがマネキン人形じみていて、ちょっと邪魔。
が、この挿絵は出版社お仕着せではなくて、三浦しをんが望んだらしくて、つまり作者の中のもともとのイメージとわたしの中で喚起されたイメージにはかなり落差がありそう。

この扉絵をひっくるめて、女性読者の多くはボーイズラブ小説を連想しながらこの作品を読むらしい。キャラクター設定やストーリー展開がボーイズラブ小説の定石通りらしい。
ちなみに、ボーイズラブとは「男同士の同性愛を題材とした女性向けジャンル」のことで、『まほろ駅前多田便利軒』には中年男の一組が登場するけれど、彼らの間に同性愛は無い。だから、ボーイズラブ小説そのものではない。

わたしはボーイズラブ小説を読まないし(ただし愛読するグイン・サーガ・シリーズにはそれっぽい要素がある)、男同士の同性愛には関心がないから、『まほろ駅前多田便利軒』からボーイズラブ小説を連想することは無くて、せいぜい扉絵に興醒めした程度。

前述したように二人の主人公の間に同性愛的な触れ合いはないけれども、友情と片付けるには微妙な感じの馴れ合いがある。この二人の関係には独特の浮世離れした空気感があって、リアリティを求めると嘘っぽいけれど、受け容れることが出来ればなかなか心地良い。
この雰囲気とか空気感が『まほろ駅前多田便利軒』の主たる魅力だと思う。6つのエピソードはそれぞれ要領よくまとめられていて、可笑し味に加えてシリアスなドラマとしての側面も持っているけれど、本を閉じた後まで印象が残るような彫の深さは無い。

ボーイズラブのテイストを狙った小説だからかもしれないけれど、主役の二人にからむヒロインが出てこないのはちと寂しい。


《直木賞についての補足》
これは第135回直木賞受賞作品で、振り返るとわたしは直木賞受賞作品をほとんど読んでいないから、受賞の是非を云々することは出来ない。
ただ、『まほろ駅前多田便利軒』が合格ならば、第133回でノミネートされながら落選した2つの既読作品、絲山秋子『逃亡くそたわけ』(中央公論新社)や森絵都『いつかパラソルの下で』(角川書店)も受賞に値したのではないか?第131回(2004年)以降受賞作品はすべて文芸春秋社の本が受賞しているから、賞の性格が変わりつつあるのかもしれない。
まあ、賞というのは、主催者の思惑が入り込むものだし、各回でレベルに差が出るものだし、ノミネート作品中ベストのものが選ばれるとは限らなくて、ただ、受賞作品が常に一定の水準を超えていることが大切だと思う。
mahoroekimaetadabenriten.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

スポンサーサイト
  1. 2006-09-09 21:05:34
  2.  三浦しをん
  3.  |
  4.  Trackback(8)
  5.  Comment(4)
  6.   Top ▲ Home

私が語りはじめた彼は (三浦しをん)

タイトルから想像したのと違って、いい意味で予想外!人間の生々しい感情が真正面から扱われた、歯ごたえのある小説です。タイプとしてはあんまり好きなお話じゃないけど・・・

どんな話かというと、6編からなる連作短編集の体裁ですが、村川という大学の先生を巡る6つの愛憎の物語が時系列的に並んでいて、緩やかに連なる長編として読むことができます。
特徴としては、村川本人が直接描写されることは無くて、彼の人物像は他の登場人物の口から語られる、という趣向です。

ただし、緻密な計算の下に6編を通して村川の存在感を形成していく、という構成になっていなくて(あるいはそういう構成なのかもしれないが、うまくいっていないのか?)、各編ではそれぞれの主要人物たちに軸足が置かれていて、村川の扱いはかなり自由、というか不統一。
それで、そういう演出、つまり村川は全6編をつなぐアイテム的存在に過ぎないのか、と思いながら読み進むと、最終話は村川をキーに全体を締めくくる内容。こういう落とし方をするんだったら、そこまでの5編で村川を掘り下げるべきなのでは?
という感じで、6編全体としては物足りなさが残ります。

でも、人間心理を正面から描いて読者を引っ張って行こうとか、言葉を操って物語をドライブしていこうというアプローチは好きだし、実際なかなかの読み応え。読んでるうちに登場人物の感情に引きずり込まれました。嫉妬とか不信とか怒りとかの負の感情は比較的読み手を巻き込みやすいと思いますけど、それにしてもけっこう持っていかれました。

語り手が男性でなおかつ作品ごとに語り手が入れ替わっていくんですが、女性作家による語り手=男性の小説では語り手のメンタリティに違和感を感じることが多いんですけど、この本では気になりませんでした。

なかなか凝った言い回しを好む作家のようですが、言葉が生硬かったり、言葉が走ってる感じが散見されて、伝わってこないもどかしさがところどころありました。
watasixkatarihajimetakarex.jpg
  1. 2006-05-03 00:30:22
  2.  三浦しをん
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。