ぶっき Library... 白石一文

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



永遠のとなり (白石一文)

久しぶりの白石一文作品。

部下の自殺をきっかけにうつ病に罹り、何もかも失って故郷に戻った主人公と、ガン再発の恐怖と背中合わせに生きる友人(どちらも50歳目前)を軸に物語りは展開する。
渋い風合いと主要人物たちの高齢さに違和感を覚えなければ、なかなかいい小説だと思う。自分自身、最後まで読みきる自信のないままに読み進めていたけれど、意外とすんなり読了。ページをめくる手が止まらない、というような強い吸引力は感じないけれど、すんなりと読めた。
この作家の一番のうまさはストーリーテリングにあると思う。いったん読み始めると、ひっかかりはあっても最後まで読ませてくれる。つまり、力のある作家だとわたしは思っている。

上で“ひっかかり”という表現を使ったけれど、過去に読んだ作品ではこれが看過できないくらいに強かった。しかし、この作品ではほとんど気にならなかったし、過去のひっかかりの要因が見えたような気がする。

この人は生きる意味みたいなものを好んでテーマに据える。『永遠のとなり』もそんなひとつで、「人間って一体なんやろね」という発問がなされ、主人公は人とか人生について考察する。
こういうネタフリをされると、わたしなんかは形而上学っぽい世界を期待してしまうのだけど、この作家の“哲学”はあくまでも生臭い俗な世界で展開される。わたしにとしては、“哲学”というより“気の持ちよう”とか“方便”といったほうが近い。あるいは酒席での哲学?
そう感じる最大の理由は、主人公たち、そしておそらく作者も、性的な欲望とか名誉欲(学歴とかエリート意識とか)にまみれながら、そういう欲望とか執着に翻弄される自分を客体化できないままに“哲学”を語ろうとするから。

でも、わたしは“哲学”の素人であるから“哲学”の何たるかを定義する資格はないし、この作家の真摯な取り組みにそんなレベルでケチをつけるのは本意ではないし、『永遠のとなり』は過去に読んだ作品に比べてずんぶん率直だから、こちらも虚心坦懐にメッセージを受け取りたい。あいかわらず執着する自分を客体化しきれない不器用さを含めて。
もう少し突き抜けられたら、ある種の清清しさに到達できるのだろう。そこまで頑張ってください(こっちが年下なのに偉そうだと思うが、ほかに言いようが無い)。


  1. 2008-02-08 01:52:17
  2.  白石一文
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

一瞬の光 (白石一文)

この作家のデビュー作です。

相性が悪いと言うか、これまでに読んだ2作品で同じ種類のモヤモヤとした読後感が残ったので敬遠していた作家ですが・・・アクセス解析をチェックしていたら、この作家名で検索して来られる方が意外と多いので、もう少し充実させよう、ということで読んでみました。動機としてはちょっと不純。

大企業内での権力抗争と、恋愛の2つの流れがあって、仕事人間が愛に目覚める、みたいな構成になっていますが、連携がいまいち円滑ではなくて、別々の話が同時進行している感じ。チグハグということになりますが、それぞれの流れはなかなか読み応えがあります。

作家一家に育っただけに、それなりに腕を磨いてきたのだと思いますが、とてもデビュー作とは思えないくらいに、文章の密度が高くて、安定感があります。
それと、派手な演出はありませんが、先を予測させない展開。前述のチグハグさもあって、分量は過剰気味ですが、そのわりに緩みを感じさせません。

でも、またもやモヤモヤとした読後感。気質的に合わないみたいですね。
モヤモヤということは、ハッキリしていない状態。明らかな拒否反応ではない。むしろ、概ね肯定的なのだけど、ある部分がひっかかって、そのひっかかりが個人的には看過し難い。そんな感じです。

(以下ネタバレ)
この主人公=語り手は顔良し、頭良し、運動神経良しのスーパーエリートという設定で、敵対者や見限った相手には容赦しない酷薄なキャラ。そんな彼が、仕事を捨てて、植物状態の女性への愛に目覚める、という展開は一見感動的なのですが、そのために、意に染まない部下を左遷するように、それまで付き合っていた別の女性を切り捨ててしまうのですね。気持ちが切れたら別れるのは仕方が無いとしても、切り捨てるような別れ方はシックリしません。身勝手さはそのままで、仕事から恋愛に宗旨替えしただけ、のようにしか見えなくて、読後感が濁ってしまいました。最後まで主人公の我執は消えなかった、というのは現実的な幕の引き方ではあるけれど、どうしてもカタルシスは弱くなります。
狙ってこうしたのか、作者の人間性の発露なのか・・・
isshunxhikari.jpg
  1. 2006-06-07 15:04:29
  2.  白石一文
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(2)
  6.   Top ▲ Home

見えないドアと鶴の空 (白石一文)

サイキックな要素が入っているのは個性的ですが、基本的には男女の性愛が描かれ、人生論が語られます。

この作品で語られる人生論は論理的に緩々な机上の空論。
とある高僧の言葉が序盤に示され、主人公=語り手はそれに沿って思索を進めていきますが、本質はおかまいなしに言葉をつまみ食いするだけだし、論理の飛躍が多くて説得力がありません。しかも、思索の結果が主人公の行動に適確に反映されていません。
テーマにかこつけて現実離れしたサイキックな要素を取り入れたぶん上ずった印象が強くなっていて、同じ著者の『僕のなかの壊れていない部分』(別掲)より安っぽく感じられました。

あとがき(?)で作者が言うような「自分(=読者)が何のためにうまれ、生きているのか」を「真剣に一緒に考えてくれる」小説を書きたいのなら、机上の空論ではなくて胆の底から搾り出した言葉でなければ心に響いてきません。少なくともわたしの人生観には何の影響もありませんでした。

ただし、説得力はともかくとしてこの作家の思い入れ(思い込み?)はホンモノです。小説の場合、理屈の中身よりこだわりの熱気の方がモノを言ったりするわけで、そういう面白味は感じられました。
でもこの点でも『僕のなかの壊れていない部分』(別掲)には及ばないと感じました。

文章は読みやすくて、ダイナミックではないけれど飽きさせない程度には変化に富んでいます。すんなりと読み通せました。前述のように安っぽさはあるけれど、小理屈を適当に流せればそこそこ楽しめるかも・・・
mienaidoorxturuxsora.jpg
  1. 2006-05-01 16:14:18
  2.  白石一文
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

僕のなかの壊れていない部分 (白石一文)

不遇の幼少期を過ごし、「自分自身より他の存在を愛すること」が幸福への道と考えながら、自己愛の塊のような生き方をしてしまう主人公が一人称語りで描かれています。

出来事に並行して主人公=語り手が理屈っぽく仏教系の哲学めいたものをしきりと語ります。理屈っぽいのは間違いありませんが、理屈の部分がストーリーの流れに巧くはまり込んでいて、意外と煩わしくありませんでした。

癖の強い主人公には好き嫌いが分かれそうですが、先読み困難な危なっかしいキャラゆえに最後まで眼が離せませんでした。関係を持つ3人の女性をはじめとしたさまざまな登場人物たちとの関わりを通して、主人公がいろんな角度から浮き彫りにされていきます。さしてドラマティックな展開ではないながら、主人公のキャラとその行く末に対する興味に後押しされて、ズンズン読み進めました。おそらく理屈の部分を読み流したとしてもそこそこ楽しめそう。

理屈の部分は、いろいろと考えさせられるものはあったけど、どうなんでしょうね。しきりと仏教系の哲学めいた思索が展開されますが、都合のいいところをつまみ食いしている感じでうさんくさいし、それがないとしても論理性が脆弱です。ある程度意図的に主人公を迷走させているようですが、そうだとしても、作者の論理的思考力をどこまで信頼していいのか、心もとなく感じました。
bokuxnakaxkowareteinaibubun.jpg
  1. 2006-05-01 16:13:59
  2.  白石一文
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ