ぶっき Library... 阿部和重

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



ニッポニアニッポン (阿部和重)

阿部和重の本はこれで7冊目。わたしの場合、採り上げる冊数が多いほど気に入っている、あるいは高く評価している、とは限らない。愛着から次々と手に取ることもあれば、その作家がどこに向かおうとしているのか、どんな志向の作家なのか、という好奇心から手に採ることもある。

阿部和重は比較的好きなタイプの作家で、ご本人の気性は知らないけれど、作風としての対象との距離のとり方、突き放したスタンスが思いのほかしっくりくる。
この本の前に、島本理生の『ナラタージュ』に着手したのだけど、湿度の高さと思い込みの強さにたじろいで中断。『ニッポニアニッポン』の乾いた世界で一息つけた。
自覚している以上に相性がいいのかもしれない。


ただし、この作家にはここ何作か失望させられている。
阿部和重は、たぶん1997年の『公爵夫人邸の午後のパーティ』『ヴェロニカ・ハートの幻影』あたりまでは、技巧的な冒険というか遊戯に前のめりだった。それが、1999年の『無情の世界』(『トライアングルズ』『無情の世界』『鏖(みなごろし)』)あたりから、保守的なスタイルに方向転換した。で、想像するに、本人は構造とは別の分野で冒険なり遊戯に勤しんでいるのだろうけれど、地味な作者の独り遊びの域を出ていない、と感じられる。まあ、わたしが理解ないしは感じ取れていないだけかもしれないけど・・・


能書が長くなったけど、わたしの理屈でいくと、2001年に発表された本書『ニッポニアニッポン』も保守傾向の作品、ということになる。

最初に主人公の歪んだ現在が提示され、進行につれて過去と未来が形を結んでいく。過去がとある女性との因縁、未来が朱鷺(トキ)を解放するという一種の冒険。シンプルで、ほどよく読み手をじらすので、入り口でひきこもり&ストーカーの主人公に拒否反応が出なければ、スムーズに読み進めるはず。謎めいた少女というこの作家にしては爽やかな彩(いろどり)や、主人公のキャラいじりなんかも読みやすさに貢献。

というわけで、読みやすいし、楽しめる。でも、エンタメ小説としての愉悦はほどほど。たとえば前述の少女の使い方なんて、ちょっと芸が無い感じ。
では、エンタメ小説とは違う読み方をさせる何かがこの作品にあるだろうか?たぶん無い。だから、そこそこ面白いエンタメ小説、というのが妥当なポジションかな?
nipponianippon.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

  1. 2006-10-03 19:00:58
  2.  阿部和重
  3.  |
  4.  Trackback(4)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

プラスティック・ソウル (阿部和重)

『グランド・フィナーレ』が「?」だったこともあって、阿部和重の最新刊を手に取ってみました。久しぶりに不条理系に回帰か?と思ったら、執筆されたのは『ニッポニアニッポン』の前とのこと。だから以前のスタイルだったみたい。それでもって、作者自身が出版を渋っていたらしい。
そのあたりの経緯が巻末の解説で説明されていて、ついでに阿部和重の小説観の変化なんかがわかって興味深いのだけど、対談(これも解説の一部)の中で作者本人が『プラスティック・ソウル』に気持ちが乗っていないことを告白しているので、作品の印象はネガティブ方向に引っ張られがち。

小説の型を意図的に壊していくタイプの作品では、壊し方そのものはそんなに重要ではなくて、というかただ壊すだけだったらヘタクソと何も変わらなくて、小説の型を壊すことは小説というジャンルと知的に戯れることであって、壊し方を通して見えてくる知的な企みとか大胆な発想がお楽しみのポイント。
この種の面白さは『ABC戦争』を初めとした最初期の作品にこそ色濃くて、世評の高い『インディヴィジュアル・プロジェクション』あたりになるとかなり手堅い。そのぶん安定感とかオーソドックスな意味での読み応えは増すけれど。
このタイプの小説としては現時点で最後期の作品となる『プラスティック・ソウル』もそれほどハメをはずしていなくて、というか『インディヴィジュアル・プロジェクション』よりさらに大人しめ。小説としてつまらなくはないし、平凡でもないけれど、壊すことの愉悦も、何をやらかすか分からない緊張感も、あまり感じない。濃い文体で書かれた変な小説、というところか。

三人称語りと一人称語りが前触れ無く入れ替わる。章を隔てての入れ替わりならありがちだけど、ここでは単一の段落の中で節操無く切り替わる。しかも一人称で語る人物は二人。最初はちょっと変な感じがするけれど、実は読みやすくて、すぐに慣れた。読みやすいのはいいのだけど、それだけインパクトは控え目。
ただし、この節操のない視点の切り替えや行きつ戻りつする進行が、主人公の場当たり的なキャラクターと同調しているように感じられて、それも狙いのうちだとしたら、上手いかも。それくらいかな?
plasticsoul.jpg
  1. 2006-05-10 16:44:59
  2.  阿部和重
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

グランド・フィナーレ (阿部和重)

フツーにつまらなかった。

主人公=語り手は、ロリコンで、たまにクスリをやっている中年男。と言っても退廃的・背徳的一方な作品ではなくて、自分の性癖からしっぺ返しをくらって (離婚され、愛娘と会えなくなる)傷心した主人公の、戸惑いながらの成長(?)がほのめかされていて、鬱々としたトーンが支配的ではあるけれど、むしろ前向きと言えるかも?

別掲の大作『シンセミア』でも触れたけれど、この作家の硬質で乾いたタッチは、不条理であったり倒錯的な世界とは相性良好だけど、情緒や気分の濃やかな表出には向いていない。
『グランド・フィナーレ』では、主人公のキャラ設定こそ背徳的だけど、物語を駆動しているのは愛情であったり悔恨であったり良心であったりの情緒とか気分。硬質かつ乾いたタッチのままでこれらを濃やかに表現できたら、なかなか凄いことになっただろうし、作者はそこを狙っているのだろうけど、敢え無く玉砕していると思う。

阿部和重のような俊才であるならば、企画意図を踏み外しても、それなりの妙味や面白さを与えてくれそうなものだけど、少なくとも過去の作品の才気からすると、随分色あせて感じられる。技巧的冒険は無いし、倒錯は半端だから、仕方が無いのかなぁ。だとしたらこの作家の限界なのかも(執筆時点での)。

表題作しか読んでいないので、他の収録作品はノーコメント。
grandfinale.jpg
  1. 2006-04-30 00:37:28
  2.  阿部和重
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

シンセミア (阿部和重)

《作品のポジション》
この作家の作品中ではブッチギリの大作です(単行本で2冊)。
限られた場所での比較的短期間の出来事が濃密に描かれています。
特定の人物に視点を置かず、不特定多数の人物が描き分けられています。いわゆる群像劇。

別掲の『ABC戦争-plus 2 stories』『インディヴィジュアル・プロジェクション』では表現することへのこだわりを色濃く作品ににじませていた阿部氏ですが、『シンセミア』のアプローチは至極オーソドックス。技巧的な冒険抜きで、古典文学のような足取りで人物や出来事の丹念な描写が連なっていきます。人物を造形し物語を構築する、という基本的な部分での実力や持ち味が素直に表れた作品と言えそうです。

《個性的なタッチ》
わたしが個性として最も強く感じたのは、観察記録か何かのような人間を突き放し切った目線と、それがもたらす乾いた、というか金属のような硬質で無機質的なタッチ。この方向で高度に洗練されています。情緒的な演出は一切排除されていて、読者が感傷に浸ることを許しません。その一方で、頻出するエロや暴力シーンは一段と殺伐として感じられますし、人間の綺麗ごとではない生命力が印象的に描かれています。

《群像劇として》
こういうタッチは嫌いではない、と言うよりわりと好きなのですが、オーソドックスな群像劇との相性は良くないと感じました。
というのは、同時並行で多数の登場人物に感情移入しながら、最終的に作者が考えるところの人生観とか世界観とかをズシ~ンと受けとめるところに群像劇の醍醐味があって、シリアスあり、笑いあり、涙ありの硬軟併せ持った演出が不可欠。確かに場面としてはいろいろ用意されているのですが、一貫して硬質なタッチが演出意図を裏切って(特に親子や夫婦の情愛)、単調さに堕しています。

《というわけで・・・》
この作家の非凡な筆力は遺憾なく発揮されていて、注目作ではありますが、技術的チャレンジのスリルは無いし、群像劇の面白さもいまひとつで、正味のところ、そんなに面白くも、楽しくもありませんでした。
sinsemia.jpg
  1. 2006-04-30 00:37:09
  2.  阿部和重
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

インディヴィジュアル・プロジェクション (阿部和重)

解説によると、タイトルの『インディヴィジュアル・プロジェクション』は、日本語に訳すと「個人的な投影」という意味らしい。ただし、"Personal"ではなく"Individual"であることに留意が必要なのか必要で無いのか・・・

読むのは楽だけど、語るとなるとなかなか厄介な作品。
東浩紀という人が文庫版の解説をやっていて、それによるとこの小説の主題は「転移的で神経症的な世界からの脱出」ないしは「多重人格的で分裂した世界の制御」であるという。

わたしは全然違う読み方をした。
「感想」と題されたエピローグを素直に読むと、解説で指摘されている通り、そこまでの部分は実はスパイ塾塾長に提出されたレポートだった、というオチになりそう。しかし、それでは芸が無さ過ぎる(笑)。「感想」の中身は、スパイ訓練生への講評とは受け取れなくて、そのように擬装されているけれど、小説の書き手としての作者に対する講評と読めてしまう。つまり、スパイ塾という虚構を使って作家阿部和重を表現しているのではないか、ということ。
ただし、この理解を「個人的な投影」というタイトルにどう結び付けるかは難しい。いや、結びつけることは出来るけど、もったいぶったタイトルゆえにいろいろな解釈が可能で、裏を返せばどう説明してもこじつけ臭くなってしまう。

「感想」より前の部分、つまり主人公の日記の部分は、ミステリー小説でおなじみの「信頼できない語り手」の手法が使われている。ただし、ミステリー小説のように読者との駆け引きとしてやっているのではなくて、主人公の度重なる錯誤によって物語がずれていく感覚を楽しむかのよう。文庫版の解説は、この錯誤に意味を見出そうとしているが、果たして一貫した意味などあるのか?

物語を意図的に破綻させていくのが、この作品あたりまでの阿部作品の特徴。ただ壊すのでも、何らかのテーマ性実現のために壊すのでもなくて、壊す行為を知的に楽しんでいるような風情がある。綻びの中に仕込まれたほのめかしを拡大解釈してテーマ性をこじつけるより、破綻のバリエーションとプロセスを楽しむのが吉かと。

ところで、わたしの読みが正しいとするならば、エピローグ「感想」から察するに、作者はこの作品に手ごたえを感じているみたい。
そして、このエピローグは群像劇『シンセミア』を予告しているように思える。うがちすぎかな?
indivisualprojection.jpg
  1. 2006-04-30 00:36:46
  2.  阿部和重
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

ABC戦争 - plus 2 stories (阿部和重)

初期の作品集ということで、『ABC戦争』『公爵夫人邸の午後のパーティー』『ヴェロニカ・ハートの幻影』の3篇が収録されています。単行本としては別個に出版されていたようです。

この作家の作品集を読むのは別掲の『無情の世界』に続いて2編目です。エンターテイメントとしては『無情の世界』がずっと洗練されていますが、この作家のスタンスが如実に現れているのはこちらの作品集です。全体としては面白いというよりも刺激的でした。

小説を書くことはミュージシャンの即興演奏とは根本的に異なるはずですが、想像とか思考のために膨大なエネルギーが傾注されるはず。阿部氏の関心はこのダイナミックなエネルギーを作品に映し込んでいくことにあるようです。こういうアプローチは阿部氏のオリジナルではありませんが、露骨さとあざとさの点では際立っているかもしれません。わざとプロットを破綻させてエネルギー感を強調する程度のことは日常茶飯事。でも、この露骨さとあざとさはこだわりとも言えるわけで、こうした言葉やそれを使った表現行為へのこだわり方は純文学的なのかも。

【ABC戦争】
筋立てとしては高校生たちが繰り広げるドタバタ劇が描かれていますが、実はこれは見せネタで、作者の狙いは言葉と言葉を使った表現行為に対するスタンスを表明し、かつ実践して見せることにあるようです。

冒頭の一割ほどが総論で(といっても章分けはされているわけではない)、作者のスタンスが激しい言葉遊びを交えて分かりにくく(?)提示されます。前述のように理路整然とした静的な説明は作者の好むところではありませんから。
次いで、総論で述べた理屈に基づいて5年前に高校生が記した手記が読み解かれていきます。そして最後にオチがあります。つまり、語り手による語り(=この作品)自体も言葉を使った表現行為に過ぎないことが示されます。

肝心の総論の内容に触れていないので、未読の方には意味不明ですよね。一見おふざけ調でありながら、その実シリアスに作者のよって立つところが表明されています。そこのところは実際に作品を読んで確かめていただくしかありません。
テーマが抽象的である上に、言葉遊びが激しすぎて悩ましいです。言ってみれば文芸オタク色が濃厚なので、そういうのを受け付けない人は読解力を云々する以前に読解しようとする気力が萎えてしまいそうです。
斯く言うわたし自身ブログのために出血サービスで作者の意図を解釈してみましたが、ぶっちゃけウザかったです。

たとえ見せネタであるとしても、高校生たちのドタバタ劇はなかなか楽しめました。電車の車両内で罵声と、関節を鳴らす音と、靴を鳴らす音が入り乱れる場面や、バビブベボの暗号話法のバカバカしさには思わず笑ってしまいました。青春小説っぽい爽やかさも切なさもありませんが、あの年代特有の中味の伴わない気負いみたいな感覚が面白おかしく描かれています。

【公爵夫人邸の午後のパーティー】
2つの物語が関連性をぼかされたままに進行し、最後で1つにつながります。理屈っぽい『ABC戦争』とは対照的に、バイオレンスありアクションありの娯楽系。ワンセンテンスが引き伸ばされた粘っこい文体は独特ですが、全体としては普通に楽しめました。パワーとエネルギーを感じさせつつオチも奇麗に決まっていますが、他の2作品と比較して平凡に感じられるのは皮肉かも。

【ヴェロニカ・ハートの幻影】
この作品は無理矢理こじつけでもしない限り辻褄が合いません。作者自身もそのように発言しています。かと言って、冒頭で述べたようなエネルギーの圧力は、弱くはないとしてもセールスポイントにはなりえていないと感じます。結果としてイタズラに読者を混乱させるだけのお騒がせな作品に終わっています。よきにつけ悪しきにつけ・・・
abcwar.jpg
  1. 2006-04-30 00:36:25
  2.  阿部和重
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

無情の世界 (阿部和重)

覗き見のような感覚で綿矢・金原氏の両芥川賞受賞作家の作品を読んだ余勢を駆って、同賞を受賞した阿部和重氏の短編集を手にとってみました。といってもこちらは芥川賞ではなくて野間文芸新人賞を受賞した作品集です。

収録されているのは『トライアングルズ』『無情の世界』『鏖』の3編です。共通しているのは、よく言えば不器用悪く言えば壊れ気味の人物を描いている点。

【トライアングルズ】
なかなか凝った作品です。壊れ気味の語り手が別の壊れ気味な人物について語る、という形式が採られています。両者の壊れっぷりが相殺しあって、語られている家庭教師の壊れた言動の背後にあるまっすぐでピュアな部分が浮かび上がっています。気持ち悪いような爽やかなような判然としない読後感ながら、いい意味で一癖ある演出が楽しめます。

【無情の世界】
主人公の壊れっぷりが特に際立っています。おふざけとも取れる小品だけど、密度と純度の高い文章のせいか下品にも安っぽくもなっていません。

【鏖】
理屈ぬきで楽しめました。笑いあり、バイオレンスありの娯楽作品ですが、テンポの良さを保ちながら密度の濃い描写が展開されており、楽しみつつ読み応えも感じられました。個人的にはこの作品の主人公のような短絡的で自己中なキャラには入り込みにくいのですが、作者の筆力に引きずり込まれて、臨場感に浸ることが出来ました。
残念なのはラストが弱かったこと。あんな風に落とすのであれば、驚きに拍車をかけるような伏線が欲しかった。

『トライアングルズ』『無情の世界』のような壊れ気味の語り手による壊れ気味の一人称語りは最近よく見かけますが、この作家の文章はその手の作品にありがちな言葉を撒き散らすような文体ではなく、ほどほどに軽さを残しつつも密度と純度の高さを感じさせます。どれを好むかは読者の趣味ですけど。

かなり癖のある作品集ながら、別掲の『ABC戦争 - plus 2 stories』『インディヴィジュアル・プロジェクション』に比べると、至って分かりやすい世界です。壊れた登場人物は嫌いではないので(実生活では関わりたくないけど)、非常に楽しめました。
mujoxsekai.jpg
  1. 2006-04-30 00:35:59
  2.  阿部和重
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ