ぶっき Library... 川上弘美

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

古道具 中野商店 (川上弘美)

12のエピソードの1つ1つは出来事の表層が淡白に語られているだけなのに、ガラスの板を積み重ねると深い色合いが表れるのと同じように、読み進むにつれて味わいが広がり、深まっていきます。序盤はお散歩しているようなのんびりムードにじれてしまいましたが、中盤を過ぎたあたりでふと我に返ると、登場人物たちと一緒に古道具屋の中にいました(もちろん喩えです)。

これ見よがしなところは一切無いけれど、芸格の高さを痛感します。同じようなことを試みる作家は数いれど、川上さんにはホンモノの味わいがあります。好みとか、そういうのを超えたところで。実際、短気な読者であるわたしは、この作風、好きとは言えません。

上でガラスの喩えを使いましたが、文体の味わいとしては、透明というのではなくて、風味豊かなポタージュという感じ(具が入ってなくて、とろみがあるクリームスープ)。主材料はコーンでもカボチャでもなくて、恋愛。それも軽い恋愛ではなくて、情とか業にまで入り込んでいて、ときに生々しくさえありますが、素材の持つ臭みは取り除かれています。舞台は古道具屋という設定ですが、古道具はクルトンやパセリみたいに表面に浮かんでいる程度で、もっぱら恋愛の切り口で人間模様が描かれています。モノに執着しがちな男の感性とは一線を画しているかも。

主人公=語り手=女性と(恋愛的に)からむバイト仲間タケオ。複雑にこんがらがっている人物なのだけど、川上さんのアプローチ(人物の内側には踏み込まない)だと、ちょっと無理があるかも。人物像と描かれ方のギャップが大きすぎて、もう少し踏み込んでくれないと、タケオと同性の読者としては物足りない。特に後日談的な最終話はあっけなく感じました。そこに至るまでのタケオの内面のドラマが完全スルーというのはいかがなもんでしょうか。だって、ストーリー中でも最もドラマティックな変化の1つですから。
その裏返しとして、主人公の彼に対する心情にもシンクロしきれなくて、物語としてはいくらか散漫に感じられました。
hurudogunakanosyoten.jpg
スポンサーサイト
  1. 2006-04-30 23:16:31
  2.  川上弘美
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

センセイの鞄 (川上弘美)

四十路前の女性(主人公=語り手)と30歳以上年上の恩師(センセイ)との恋が切なく描かれています。

《淡白な一人称語り》
こういう淡白な一人称語りは女流作家にありがちですが、この人のは一味違います、と言うか、かなり素晴らしいです。どこが素晴らしいと言って、セリフは片言っぽいし、地の文もごくあっさりしているのに、登場人物たちの気配がとっても雄弁なんですよ。
こういうスタイルは、直接的な描写によって提供される情報量が少ないから、往々にしてスカスカになりがちで、それを和み系の語り口ではぐらかしているケースが多いわけですが(ような気がしてます)、川上さんの文体はお手本と言いたくなるくらいに上質です。あっさりしているのに豊か。

《異色の純愛》
四十路前の女性と七十歳前後の男性の恋愛というのは、個人的にはかなり入り込みにくい設定・・・などと懸念しつつ読み始めたのですが、気持ち悪いくらいにすんなりと入り込めました(異和感ゼロではないものの・・・)。作者の巧さもさることながら、恋する気持ちに年代の違いは無いのだ、みたいな潔さがあって、映像が無いだけに、二人の心の触れ合いを読みながらしばしば彼らの年齢設定を忘れていました。ぶっちぎりの純愛に仕上がっています。小説ならでは、だと思います。

《難を言うならば・・・》
ありきたりな設定の恋愛小説ならこれでも十分なのでしょうが、超歳の差カップルという設定だけに、「センセイ」の年寄り臭さ(加齢臭とか、お肌カサカサとか・・・)をキッチリと描いて欲しかったです。そこをはしょっちゃってるので、綺麗ごとっぽさを拭いきれていません。
年寄り臭さを灰汁抜きしないで、それでもなお切ない純愛を感じさせてくれたなら、わたし的に掛け値なしの傑作と呼べたと思います(意地悪???)。
senseixkaban.jpg
  1. 2006-04-30 23:16:06
  2.  川上弘美
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。