ぶっき Library... 金原ひとみ

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

AMEBIC (金原ひとみ)

笑わせてもらいました!
この主人公=語り手は、作者本人に近いと思われる、若くして物書きとして成功した女の子ですが、摂食障害で、情緒が安定していなくて、まあウザいキャラなわけですが、作者は、シリアスなだけじゃなくて、ときにはこのキャラを突き放してコミカルに笑わせてくれます。自虐系の笑いなんですが、湿った笑いじゃありません。

もっとも、この作品はコメディではなくて、情緒不安定のキリモミ感を直情的なパワーで表現しようとした、れっきとした純文学作品。本筋の方は、相変わらずのハイテンションとか、自分の表現を追及する姿勢とか、この人らしい力強さはあるものの、荒削りだし、不完全燃焼というか効果不十分という感じ。目くるめくような感覚は味わえませんでした。

主人公の歪んだキャラ(自己中で高慢)を含めて、癖が強いし、粗はたくさんあります。嫌う理由、けなす理由はふんだんにあります。たぶん、それにひっかかって笑えない読者は少なからずいるのでしょうね、というか、そっちが多数派かも。まあ、笑えるとしても、それは後半に入ってからで、短い長編とはいえ、多少の我慢が必要。
せめてもの救いは、前2作にあった猟奇やエログロが影を潜めていること。チ〇コ、マ〇コじゃくて、“陰部”と穏やかに表現しているし(笑)。

個人的には、作家としての覚醒が一段進んだことを喜ばしく感じました。
いやね、作家としての金原ひとみには、人間的な深み、みたいなものは無いと思います。まあでも、それは全然問題じゃないわけです。二十歳過ぎの作家にそんなものは求めていないし、実体験に裏付けられない、頭でっかちな深みなんか面白くないし。
深みがないから端的に語れなくて、なりふりかまわずヒステリックに自分の言葉を撒き散らす。なりふりかまっていないから、攻撃的であったり、愚かさや嫌な部分がむき出しだったり。でも、汚物にまみれながらも輝く部分があって、たとえば『AMEBIC』の可笑しさは、作者の奥底から湧き出してきたような、チャーミングで味のある笑い。

本人が制御できていない部分にこそ魅力が感じられて、そういう意味では、芥川賞受賞作家でありながら、未だ原石の状態にあるのかも。

なお、タイトルの“AMEBIC”は、アメーバーのことです。
amebic.jpg
スポンサーサイト
  1. 2006-04-30 23:14:15
  2.  金原ひとみ
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

蛇にピアス (金原ひとみ)

デビュー作にして芥川賞受賞作。

2作目『アッシュベイビー』を先に読んでたんだけど、『蛇にピアス』を読んでいろいろと納得。『アッシュベイビー』は言葉のパワーにはかなり感心したのだけれど、随分粗いなぁ、というのが実感でした。それに対して『蛇にピアス』は題材こそ過激だけど小説としては破綻無くまとまっている。デビュー作ということで文学者である親父さんの助言を仰ぎつつ手堅く仕上げたのが『蛇にピアス』で、一方自分らしさを荒々しく表現して見せたのが『アッシュベイビー』だったということか?

身体に穴を開けたり模様を入れたりが好きな人たちのお話です。それっぽい描写が随所にあって、登場人物たちのキャラともども激しく好き嫌いが分かれそう。

この作品のテーマであり見所はヒロイン(二十歳前の女の子)の心理描写。前半はファッションの延長みたいなノリで舌に穴開けるんだけど、後半は心労とストレスから憑かれたように舌の穴をどんどん大きくしていく。この対比によってヒロインが内に抱えるダークな気配が浮き彫りに。なかなか効果的です。
刺青に眼を描く描かないという選択を通してヒロインの心の変化を表すという小細工も、いかにも芥川賞っぽくって素敵!!!(笑)

ちなみに『アッシュベイビー』では助演の男二人の造形が不満だったけど、この作品の助演の男二人には違和感が無かった。

減点法で採点したら『蛇にピアス』の方が上かな?でも表現力の点では『アッシュベイビー』に進化の跡が認められます。

もっと破綻した作品かと思ったら、オーソドックスで手堅い純文学作品でした。
hebixpiace.jpg
  1. 2006-04-30 23:13:53
  2.  金原ひとみ
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

アッシュベイビー (金原ひとみ)

キャバ嬢による怒涛の1人称語りで、実も蓋も無い言い方をすると、彼女の愛と性が露悪的にエロく、グロく語られます。キャバ嬢っていう職業的なものはさして重要ではないかな。

怒涛のようなに迫ってくる言葉の威力は凄い。文章にエネルギーとかパワーがある。で、そのエネルギーとかパワーが全開でエログロが極まったようなアクの強い描写が積み上げられていきます。
読み始めたときは「なんじゃこの世界は~」って感じだったけど、悲しいかなそんなにウブじゃなくなっていたようで、割と早い段階で慣れてしまって、その後は冷静に読めてしまった。
描写はアクが強いけど文章はしつこくないから、意外とすんなり読めるような気がしないでもない。

小説内での出来事が何でもかんでも人間の本能(欲望とか暴力性みたいな)に結び付けられて語られるから、一見リアルであったり生々しく感じられるんだけど、そういう世界に慣れちゃうとわりと物足りなかったですね~。
一方でインパクトのあるエログロをぶちかましつつ他方で主人公の孤独感とか疎外感みたいなものを描いて、併せ技でストレートでエネルギッシュだけど繊細で脆くてひたむきな若い女の子の(つうか主人公の)感覚とか感性を描き出そうというのがこの作品の狙うところだと思うんだけど、主人公の孤独感とか疎外感の描写がエログロ描写の強烈さに完全に負けちゃってるんじゃないでしょうか。主人公が自傷行為に及ぶ場面や惚れた男のことで煩悶する場面とか、機関銃のように言葉は発せられるけど上滑りしていて迫ってくるものが無かったですね。語っている主人公本人が自覚的でないという設定だろうけど、小説的にはどうにかして演出して欲しいところだと思うなぁ。
現状だとエログロの部分だけが突出しちゃってるんだと感じた。

それと、主人公が惚れる男性とか同居人の男性の人物造形がイマイチじゃなかった?特に主人公が惚れる男性の方(村野)。読んだこと無いんだけど、レディコミに登場するミステリアスないい男キャラってこんな感じ?、なんて無責任な想像してしまった。ともかくその程度の作り物めいた人物像。相方がこれだから、主人公が彼を求めて悶絶する描写が上滑りしちゃってる感じかな。読んでて切なくならなかった。

同居人が連れ込んだ赤ん坊の存在に主人公が気がつくシーンとか、惚れた男にひたすら「好きです」と訴え続ける描写はなかなかコミカルで面白かった。描写としては面白いんだけど、激烈エログロ描写とうまく折り合っていない感じ。作者はまだ自分のそういう持ち味を有効に活かしきれていないのかな、と思った。

全編にみなぎる強烈な表現意欲は凄いけど、かっこつけて言うとエンターティナーとしてはまだまだ原石だと思った。荒削りとも言うけど。
でも、こういうキャラの作家は、下手に読ませ上手になっちゃうとつまらなくなったりするのだろうか。
asshubaby.jpg
  1. 2006-04-30 23:13:26
  2.  金原ひとみ
  3.  |
  4.  Trackback(1)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。