ぶっき Library... 浦賀和宏

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

上手なミステリの書き方教えます (浦賀和宏)

松浦純菜シリーズ第3弾。
HOW TO本のようなタイトルだけど小説です。

個人的にはシリーズを読み続けたことが本書で報われた感じ。
主人公八木剛士の境遇に感情移入してきた読者には、あるいはミステリーを期待した読者には、「萌え」にまつわる長ったらしい逸脱はウザッタイかもしれない。
シリーズの第1作『松浦純菜の静かな世界』(別掲)で言及したように、わたしはこのシリーズで作者との駆け引きを楽しんでいて、そういう観点からすると、シリーズ第1弾、第2弾はいささか物足りない。内容的にはミステリー色を心理ドラマが圧倒していながら、形式的にはミステリーのカラに収まっている。内容の増殖が形式のカラを突き破る瞬間のキラメキと、独自の形式を創造する表現意欲+知性に萌えるわたしからすると、もう一押しが足りない。
シリーズ3作目の本書において、ようやく創造のエネルギーが形式のカラを食い破って、鎌首を現した。

一見本筋から逸脱しているような「萌え」のパートと主人公八木剛士をオーバーラップさせて読むことで、彼についてのいくつかの暗示を読み取ることが可能で、作者はそれに誘導すると見せかけて、チャブ台をひっくり返す。
捻りの利いた演出だけど、「萌え」のパートはあまりにも冗長だし、本筋の流れとのからませ方には芸がない。展開されるイメージ自体醜悪だから、ウンザリする読み手がいても不思議ではない。
構想においては凝っているけれど、やり方は洗練されていない。

カバーに“結末圧倒的感動”というコピーが刻まれていて、ちょっと期待したけれど、たしかにある種の感動はあるけれど、オチとしては小学生レベル(登場人物たちは高校生)。
『火事と密室と、雨男のものがたり』の感想で、主人公を見舞う虐めの幼稚さに触れたけれど、何なのだろう?この作家の特性なのか、時代性なのか・・・


ドラマを仕立てる上手さや、洞察の鋭さは感じられないけれど、歪んでいるとはいえ、強烈な表現意欲が渦巻いていて、いまのところこの作家の最大の魅力になっている、と思う。
matuurajunna3.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

スポンサーサイト
  1. 2006-09-03 17:13:51
  2.  浦賀和宏
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

火事と密室と、雨男のものがたり (浦賀和宏)

松浦純菜シリーズ第2弾。
第1弾『松浦純菜の静かな世界』と同じテイストながら、やや肩透かし。いや、第1弾も出来が良いというのではない。いろいろ粗はあるけれど、今後のシリーズの展開に興味を掻き立てられた、というところ。第2弾には、むっくりと頭をもたげた好奇心を満たす何かを期待したけれど、第1弾の世界観をおさらいしている感じで、物足りない。

前作のラストシーンにかすかな光明を予感したのだけれど、見当ハズレだったみたい。
確かに松浦純菜との出会いは主人公八木剛士にとって光明の兆しなのだけど、同時に彼のコンプレックスや対人不安に拍車をかけられる。第1弾と異なり松浦純菜の内面はベールに隠されるので、もっぱら彼の心象の執拗な描写が連ねられ、第1弾以上に淀みが濃くなっている。

ちょっと面白く感じたのは、新たに引きこもりキャラが登場するのだけれど、このキャラに対する主人公八木剛士(引きこもり寸前?)の心の揺れ。第1作と同様に演出の上手さはないけれど、屈折した心理が容赦なくさらされる。ここでも浦賀和宏の入れ込み様は一通りではない。

克明に描写される主人公への虐めの数々は、あまりにも子供じみていて、そのためにかえって切迫感が薄らいで感じられるのだけれど、いまどきの虐めはこんなものなのだろうか?いまどきといっても、作者は1978年生まれだから、10年くらい前のいまどきかもしれないけれど・・・
matuurajunna2.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

  1. 2006-09-02 00:33:40
  2.  浦賀和宏
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

松浦純菜の静かな世界 (浦賀和宏)

浦賀和宏の作品を読むのはこれが初めて。

以前にこちらの記事に書いたけど、わたしは読書中に作者の存在を強く意識する読者。そのことが関係しているような気がするのだけど、エンターテイメントとしては完成度に難があったり、癖が強すぎても、作者自身の息遣いとか脈動みたいなものが感じられると、気になってしまう。
逆も真なりで、いくら上手くても、手際の良さばかりが目につくタイプの作家(ごく一部の作品しか読んでないけれど、石田衣良とか奥田英朗とか・・・)にはいまひとつそそられない。

この作品は松浦純菜シリーズの第1作で、現時点までにシリーズ中3作品(既刊は4作品)を読了している。このシリーズはミステリーっぽい仕立てになっているけれど、ジャンルはこの際どうでもよくて(?)、ブ男で、いじられっこの嫌われ者で、ガンダム・オタクな男子高校生の自閉的で堂々巡りする心象がひたすらに垂れ流され、負のエネルギーが作品を支配している。
深い洞察や思索なんて無い。ただただ吐き出される。気が滅入ってくるような作品世界だけど、その過剰さ、執拗さには意志の力が感じられる。

わたし自身は、幸いにして虐めた記憶も虐められた記憶もないし、ガンダム・オタクでもないから、さして主人公に感情移入できなかったけれど、シリーズの行く末、作者がどう落ちをつけるのか???に興味を掻き立てられた。


ミステリー的謎解きがプロットに組み込まれているけど、“ついで”みたいな感じなので、それを目当てに読むと物足りないかも。

シリーズのヒロイン松浦純菜の内面は、第2作・第3作では読者から遠ざけられるけど、この第1作ではある程度露わにされる。主人公八木剛士と彼女の屈折した心の絡みが作品のポイントのはずだけど、このあたりは上手くない。たぶんプロの作家としては拙い。でも粘っこく書き込んでいる。

さて、エンディングでほのめかされたささやかな光明は次につながっていくのか?
matuurajunna1.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

  1. 2006-08-31 18:21:32
  2.  浦賀和宏
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。