ぶっき Library... 松尾スズキ

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- --:--:--
  2.  スポンサー広告
  3.  |
  4.   Top ▲ Home

宗教が往く (松尾スズキ)

松尾スズキの2冊目の小説本にして処女長編小説。

物語としての完成度は低いけど、語り部としての圧倒的な才能が迫ってくる。特にお尻の2つの章でのドライブ感はすさまじい。この段階で物語は破綻し、作者自らそのことを宣言し、その上で畳み掛けてくる。ストーリーで読ませるとか、キャラの魅力で読ませるとかの手練手管を投げ出して、松尾スズキ本人の語る力で読み手に立ち向かってくる。創作者として、エンターティナーとしての凄まじい才能と自負と生き様。

終盤と並んで読ませるのが、二段組で64ページに及ぶ長すぎるプロローグ。自称「セリフ家」の小説に対する屈託が面白いし、俳優・タレントとして自身を売り物にしている人らしい押しの強さや開き直りは、専業作家たちの毒気を抜いてしまう。
独立した短篇小説として通用しそう。

それ以外の部分、つまり破綻を迎えるまでの本編部分は、噺家or講談師風三人称語りで、しつこい笑いやナンセンスでグロテスクな描写が延々。面白いことは面白いけれど、しつこくて、粘っこくて、濃くて、ちょっと疲れる。作者のファンとかエログロ・ナンセンス話好きでなければ、毒気にあてられてしまうかも。
インタビューによると、本作品は連載小説で、連載ごとに一山設けた結果、濃密な仕上がりになったらしい。


着手時期を基準にすると、本書は松尾スズキの初小説。すでに他の分野で一定の成功を収めている彼は、培ったノウハウを小説の分野に軟着陸させる、というような安全策を採らず、むしろ「松尾スズキが書くからには、通り一遍の小説にはならないよ」とでもいうように、強烈な自意識とかケレン味とか表現意欲をぶつけている。その結果、小説というジャンルと格闘する松尾スズキのドキュメント、とでも言いたくなるような性格を帯びていて、小説としては破綻しているけれど、小説という枠に収まらない面白さが生まれている。こういう面白さを出せるのは、松尾スズキ個人に表現者としての魅力とかカリスマ性があるということだろう。本書を読んで、それを実感した。

少なくとも、小説家松尾スズキと今後付き合うつもりの読み手には必読の書、でしょう。
syukyoxiku.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

スポンサーサイト
  1. 2006-10-22 21:16:29
  2.  松尾スズキ
  3.  |
  4.  Trackback(0)
  5.  Comment(0)
  6.   Top ▲ Home

クワイエットルームにようこそ (松尾スズキ)

第134回芥川賞候補作。なので純文学かと思ったけど微妙。饒舌な語りは純文学風と言えなくはないけど、人物の描き方とかストーリーは完全にエンタメ。『文學界』に掲載されたということで芥川賞ノミネートなのかも。
もちろん純文学でなくてもまったく問題なくて、実際楽しませてもらった。

主人公はフリーライターの女性で、(本人にとっては)ひょんなことから精神病院の閉鎖病棟に強制入院させられてしまう。

彼女の語りは饒舌で、語られる内容には精神科的な意味でのグロさがあるけれど、そのわりに語り口に狂気が感じられなくて、むしろ読み手に対するサービス精神が旺盛。良くも悪くも、作者のエンターティナーとしての資質が前に出ている。
当人に自覚が無いとは言え、薬物の過剰摂取は事実だから、狂気の片鱗か、あるいはそれに対する恐怖感、なんてものを語り口ににじませてくれると嬉しかった。

それ以外の点では満足。舞台や映画を手がけているから話し言葉で物語を構築するのはお手の物だろうし、エンターテイメントの最前線で活躍している人らしいツボを押さえた演出が楽しい。
個性的で面白いキャラクターが続々登場するし、ひとり語りや会話の面白さもバッチリ。あちらこちらで笑えて、程好く毒があって、心温まる展開もあって。とてもよく出来た娯楽作。

でも、冒頭のゲロのシーンは気持ち悪い。こんなシーンばっかりだったらどうしよう!?と不安に駆られたが、幸いにして杞憂だった。
quietroom-yokoso.jpg
Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン

  1. 2006-07-21 08:36:24
  2.  松尾スズキ
  3.  |
  4.  Trackback(6)
  5.  Comment(2)
  6.   Top ▲ Home

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。