ぶっき Library... ノルウェイの森 (村上春樹)

ぶっき Library...
読んだものの感想を自由に。



ノルウェイの森 (村上春樹)

恋愛&セックスを抒情美たっぷりに描ける、というのはこの作家のセールスポイントの1つですが、『ノルウェイの森』ではこの能力が前面に出ています。そのぶんファンタジー性とか技巧性は控え目。シンプルというかベタな作品ではありますが、作者の表現意欲は強烈で、そのパワーは、読む者を圧倒するよりも、深く強く浸透し感染して来ます。
このベタで濃厚な味わいをどう受け止めるかで好き嫌いが決まりそう。

俗っぽいテイストにもかかわらず安っぽくならないのは流石。

まず文章の素晴らしさ。抒情美たっぷりな文体ですが、雰囲気に流れていなくて、言葉の選択は意味的にも語感としても吟味されているし、想像力が力強く息づいています。

恋愛に死とか孤独が絡められるのはありがちで、『ノルウェイの森』も例外ではありませんが、単なる味付けにとどまっていなくて、ときには死が、ときには孤独が作品のテーマかと感じられるほどに濃やかに描かれていて、恋愛小説の枠にとどまらない奥行きを生み出している、と思います。

いくつかある印象的な場面の中でも、あまりにも効果的なラストシーンを忘れることが出来ません。「僕」のドンヨリとした情緒に思いっきり読者を引き付けた上で、そのまま終わると見せかけてスコーンと突き放してしまう荒業。しばし呆然としてしまいました。

個人的には、「僕」が初めて「緑」の家を訪れるシーンも印象的。このシーンに限らず、「緑」はこの作家が創造した人物の中でも、もっとも活き活きとして魅力的な一人。『ノルウェイの森』のリアリズム小説としての成功は、彼女に拠るところ大。

自己愛が強い「僕」に感情移入しにくかったり、「直子」の人物造形が中途半端に感じられたりと、作品トータルでは抵抗感が無きにしも非ずですが、村上作品中でも際立って濃厚なテイストと見事なラストシーンのゆえに、『ノルウェイの森』侮り難し、なわたしです。


《セックス観について》

村上作品においてセックスはどう位置づけられているのか?ということですが、はっきりとは分かりませんが、複数の作品を読んだ結果、おおよそ次のようなイメージを持っています。

村上作品(主に長編)の主人公には、友達といえる存在は無いに等しいし、男女の関係においても、お互いの思いが生々しくにぶつかることはほとんどありません。そんな中で、セックスが唯一リアルに他人と関わる行為。場面ごとにニュアンスは異なりますが、男女の関係を超えて、外の世界とのつながりの象徴とセックスが位置づけられているように感じられます。
『ダンス・ダンス・ダンス』のラストシーンなんか典型的かも・・・

この作家が大の女好きで、セックス大好き人間だとしても、村上作品での女性やセックスは、単なる刹那的な快楽ではなくて、主人公と世界とつなげる重要かつ決定的なものとして扱われている、と思います。
norwayxmori.jpg
  1. 2006-05-03 00:38:56
  2.  村上春樹
  3.  |
  4.  Trackback(2)
  5.  Comment(2)
  6.   Top ▲ Home

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

   

コメント

りぃなさん、こんにちは
コメント&TBありがとうございます。
早いということは無いと思いますよ。登場人物たちと同じ年代の頃に読んでおきたい作家だと思います。そして、気が向いたらさらに大人になってから読み返す。というのがいいと思います。
  1. ひねもじら 乃太朗  
  2.  
  3. 2008-06-21 01:07:34 
  4. #mQop/nM. 
  5. [ 編集]
ノルウェイの森でとんできました
私もノルウェイの森でレビューを書いたのですが、私はどうも読み方が浅かったようです><
http://girlstalk-liina.seesaa.net/article/100879512.html

私には春樹は早いのかもしれません・・・
  1. りぃな  
  2.  
  3. 2008-06-18 00:56:50 
  4. #- 
  5. [ 編集]

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.blog64.fc2.com/tb.php/193-2c4956c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノルウェイの森 上下(感想)
ノルウェイの森 上 (村上春樹著)を読む。秋の夜中には文学である。といっても文学作品らしいものは人生ではじめてかも知れない。だから書評はムリなので書き抜き。
  1. blog50-1    
  2. 2008-10-02 00:07:01  
「ノルウェイの森(上・下)」村上春樹
村上春樹を読むのはアフターダークに続き、2作目烈 でも私には春樹は少し難しいかもしれません。。。嶺 主人公が厭世的な大学生っていうのと相まって、明治・大正・昭和初期の文豪の小説を読んでるみたいな感覚になりました。 夏目漱石とか、太宰治..
  1. 女子大生りぃなのホンネ    
  2. 2008-06-18 00:57:31  

最新の記事

カテゴリー NAVI

全体(HOME)

読書系
あ行
浅倉卓弥 (3)
浅田次郎 (5)
我孫子武丸 (2)
阿部和重 (7)
綾辻行人 (4)
有栖川有栖 (5)
伊坂幸太郎 (9)
いしいしんじ (3)
石田衣良 (2)
市川拓司 (4)
伊藤たかみ (2)
絲山秋子 (5)
歌野晶午 (7)
冲方丁 (2)
浦賀和宏 (3)
大江健三郎 (2)
大崎善生 (2)
小川洋子 (2)
荻原浩 (7)
奧泉光 (3)
奥田英朗 (3)
恩田陸 (2)

か行
垣根涼介 (4)
角田光代 (2)
金原ひとみ (3)
川上弘美 (2)
貴志祐介 (5)
京極夏彦 (2)
桐野夏生 (2)
栗田有起 (4)

さ行
重松清 (2)
島本理生 (3)
殊能将之 (4)
白石一文 (4)
瀬尾まいこ (3)

た行
多島斗志之 (3)
戸梶圭太 (2)

な行
中村航 (2)
二階堂黎人 (2)
西尾維新 (3)

は行
東野圭吾 (5)
樋口有介 (3)
古川日出男 (5)
保坂和志 (2)
堀江敏幸 (2)
本多孝好 (2)

ま行
舞城王太郎 (8)
松尾スズキ (2)
町田康 (3)
松岡圭祐 (3)
麻耶雄嵩 (5)
三浦しをん (2)
三崎亜記 (2)
水野良 (5)
宮部みゆき (5)
村上春樹 (15)
村上龍 (3)
森絵都 (3)
森博嗣 (7)

や行
横山秀夫 (2)
吉田修一 (3)
吉村萬壱 (3)
米澤穂信 (3)

わ行
綿矢りさ (2)


その他の作家 (44)


海外の作品 (9)



雑談系

このブログについて

最近のコメント

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

最近のトラックバック

※ ポインターをあわせるとタイトル表示

リンク



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ブログ検索

運営者

ひねもじら 乃太朗

40代の中年男子です。コメント、トラックバック大歓迎です。でも、変なのは消しちゃいます!

メールを送る
管理者ページ





Powered By FC2ブログ